Windowsからネットワーク経由でMacを操作する方法

Macは、面白いです。初めて触ったのに懐かしい部分沢山あったりして楽しいです。

今回は、Windowsからネットワーク経由でMacを操作する方法について執筆します。

Macには、予めVNCがインストールされておりVNCを有効にすることでネットワーク経由でパソコンを操作できます。

そもそもVNCとは

VNC(Virtual Network Computing)は、ネットワーク上のコンピュータを遠隔操作するためのデファクトスタンダードなソフトです。

1999年から利用されています。VNCは様々なOSで開発されているため、インストールされているマシン同士はOSの種類に関係なく操作することができます。

私は、元SEのため1999年には使っていたと思います。懐かしいです。

操作方法

以下の2ステップで実現できます。なお、サーバーはデスクトップを提供する側のことをいい。クライアントは、デスクトップ側を参照する側になります。

  • STEP1:Mac側のVNCサーバーを有効にする
  • STEP2:Windows側のVNCクライアントを使う

STEP1:Mac側のVNCサーバーを有効にする

左上の林檎マークをクリックし、「システム環境設定...」をクリックします。

「共有」をクリックします。

「画面共有」をクリックしチェックマークをつけて、「画面共有オン」であることを確認し、「コンピュータ設定」をクリックします。

2箇所にチェックマークをつけて、パスワードを入力し、「OK」ボタンを押します。

パスワードを覚えておきましょう

STEP2:Windows側のVNCクライアントを使う

VNCのクライアントとして使うなら、Chromeの拡張機能の一つ「VNC Viewer for Google Chrome」がオススメです。

予めChromeをインストールした環境で、Chromeブラウザから

VNC Viewer for Google Chrome - Chrome Web Store』に移動し、「CHROMEに追加」をクリックします。

このChrome拡張機能は、デスクトップアプリとして動きます。使いたいときは、「スタートボタン」⇒「Chromeアプリ」⇒「VNC Viewer for Google Chrome」です。

通常は、「Windows」キーを押してカーソルも何もない状態で「vnc」と入力して導き出します。

Macの設定の画面をみてください。

IPアドレスが記述されているので覚えてください。私の場合は、「192.168.1.17」でした。

先ほどのアドレスを入力して「Connect」をクリックです。

再び指定するのは面倒です。次回から表示されないようにチェックを付けて「Connect」をクリックです。

パスワードを入力して「OK」ボタンを押します。

※パスワードは、先ほどMacで設定したパスワードです

以上でリモートから操作できるようになります。

この方法を使えば、Mac miniの電源さえ入れておけば、Mac側は、マウス・キーボード・ディスプレイも全て不要です。

まとめ:マルチOSユーザー必須の知識

VNCを使えば、1台のパソコンで複数のパソコンが使えるようになります。

VNCはOS非依存のため、MAC⇔Windows⇔iOS⇔Androidがシームレスに扱えます。

 

 

 

デバック用: FB:1 TW:1 Po:1 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加