【購入すべきモデルを追記】iPad Pro 2018のすべて

大幅リニューアルされたiPad Pro 2018。

価格もノートパソコン並みに凄いですが、いろんな使い方を模索します。

購入すべきモデルは(税込)?

12.9インチを持っていると、11インチは使わなくなると思われます。パソコンでは13.3インチまでがモバイルとして適切と言われています。また、64GBは容量不足になる可能性があるため139,104がベストだと思っています。

予算的に厳しい方は、11インチ64GBも十分にあり得ると判断します。

11インチ 12.9インチ
64GB 96,924 120,744
256GB 115,344 139,104
512GB 139,104 162,864
1TB 186,624 210,384

ペンとキーボード込みの価格について

iPadプロを使っていたとしても、今年度は、新しく買い換えることになります。

Mac mini並の値段になります。恐るべし。

税込価格
ペン 15,660
キーボード 24,624
小計 40,284
本体込価格 179,388

USB-CケーブルだけでiPadと5Kディスプレイとがつながる

HDMIかDisplayPortの代替モードとして接続できます。

もうすぐiPadでもPhotoshopが使えるようになるので重宝しそうです。

12.9インチのiPadは、全て2732 x 2048ピクセルで統一されています。

USB-Cケーブルで接続するだけで、5120 x 2880ピクセルで接続できます。
※Mac mini 2018も同様

ただ、Macでさえ5K接続は、不安定との情報が多いことから、4Kの3840×2160にとどめた方が賢明です。

最適なディスプレイを選びたいところです。Mac mini 2018と選び方が同じことからディスプレイに関しては、『Mac mini 2018に適したディスプレイについて』を参照ください。

モニターに接続しながら充電できる

例えば自分が愛用してる「27UK850-W」ディスプレイなら表示をしながら、60Wまで電源を供給することができます。

iPad Pro 2018が必要とするワット数は、29W(おそらく)です。

USB-Cケーブルだけでカメラとつなげることができる

カメラで撮影したものを、綺麗な画面で見たいものです。必然となることでしょう。

USB-C端子になったことから、カメラへもUSB-Cケーブルでつなげることができます。

ただ、今どきの一眼カメラはWi-Fi経由でつなげたり『FlashAir』という選択肢もあるので小さなメリットの一つと言えるでしょう。

パソコンのサブモニターにもなる

Thunderbolt 3になると、40Gbpsの転送速度です。

Mac mini 2018のサブモニターとして使うことで、強力なタブレットにもなることが期待できます。

★写真準備予定★

従来のiPadでも、「Duet Display」で実現できていました。従来のLightning接続では、接続スピードに問題がありました。USB2.0相当しかなく僅か480Mbpsの転送速度でした。

ちなみにUSB-CのLightningケーブルは、USB3.0相当のため5Gbpsです。iPad Pro系のLightning端子は、USB3.0に対応しています。

尚、余談になりますがDuet Displayは、無線でもサブモニターになります。実質最高でも200Mbps以下の速度しかなくLightningケーブルより劣るのが現状です。

 

iPad Proでスマートフォンを充電することもできる

あんまりメリットがないような気もします。

 

まとめ:Mac mini同様に期待ができるiPad Pro

いままでiPad Proの購入を迷っていた方には、オススメできる一台です。

ただ、コストパフォーマンスを考えるとiPadが37,800円がコスパ最強クラスです。Apple Pencilも使えるし。

既にiPad Proも持っている私には、悩ましい選択です。

デバック用: FB:0 TW:2 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加