もうすぐ発売のMacBook Pro 16インチ

2018年の10月下旬は、Mac mini 2018で盛り上がりました。

予想に反してデスクトップ用のCPU TDP 65Wでノートパソコン以上の性能を発揮しました。

Mac mini 2019が出れば嬉しいけど、どうなんでしょうか。

Mac mini 2019の予想

今年の目玉はMacBook Pro 16インチ⁉️

もっともインパクトがあるのが価格になりそうです。15.6インチ → 16インチは僅かな違いです。

0.4インチ大きくなることで、ベゼルが少なくなることで、見た目は大幅にカッコよくなります。

Mac mini 2018のように嬉しいサプライズを期待しています。今の所以下のようになる見通し(予測)。

  • 15.6インチ → 16インチ
  •  2,880 × 1,800 → 3,072 × 1,920
  • USB-C電源 87W → 96W
  • バタフライ式キーボード → 新型シザー式
  • 筐体サイズそのままで16インチ
  • CPUのスペックは現行とほぼ同じ
  • 最低価格が税込30万円オーバー
  • 32GB・1TB SSDで税込40万円オーバー

MacBook Pro 16インチ

液晶部分を1.03倍にして再現してみました。

MacBook Pro 15.6インチ

ホームページより抜粋

まとめ:40万円オーバーだが長く使えば、元がとれる

Macは、メモリ・SSDを後から変えられないため、予め揃える必要があります。

お高いですが、末長く使えるのもMacの特徴。興味のある方はチャレンジしてみはいかがでしょうか。

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加