Mac

新CPU搭載!MacBook Pro 13インチ 2020が登場

2020年5月5日のビックニュースと言えば新CPUを搭載したMacBook Pro 2020が新登場したことです。

はやくもAmazonで販売しています。2020年5月11日予定です。

 

動画版も作りました。

 

価格は、134,800円(税別)からです。全モデルで人気のあるMagic Keyboardを搭載しています。

CPUは、第8世代と第10世代が選べますが、

CPU 第8世代の1.4GH⇒第10世代の2.0GHz(第8世代だと3GHz相当)

メモリの容量 8GB⇒16GB

SSDの容量 256GB⇒512GB

Thunderbolt 3ポートの数 2 ⇒ 4

以上を比べると見ると、第10世代を選びたいところです。

第10世代だと、2.0GHzクアッドコア・16GB・512GB SSDと萌え萌えなスペックになります。

私なら、メモリを32GBにアップグレードして買います。精神的な満足度を高めるためにi7にして30万円コースになると思います。

TDPは28W

13インチMacBook Proの第10世代は、28WのCPUを採用しています。

MacBook Airは、9W~10WのTDPです。

13インチMacBook Pro上位モデル

第10世代Core i5(4コア、2.0GHz・最大3.8GHz、TDP 28W、Ice Lake)

13インチMacBook Pro下位モデル

第8世代Core i5(4コア、1.4GHz・最大3.9GHz、TDP 15W、Coffee Lake)

13インチMacBook Pro 2019

第8世代Core i5(4コア、2.3GHz・最大3.8GHz、TDP 28W、Coffee Lake)

MacBook Air 2020

第10世代Core i5(4コア、1.1GHz・最大3.8GHz、TDP 10W、Ice Lake)

王道パターン

カスタマイズは自由ですが以下のようになるでしょう。

CPUを+2万円でi7に

2GHzから2.3GHzにスピードアップしますが、体感できないレベル。i7を使うことによって精神的な満足度を満たすのが目的。予算的な問題があれば削るべくものです。

メモリは、+4万円で32GB

おそらく16GBで十分だと思いますが、足りるのかな?って考える方が疲れます。+4万円とぼったくりですが、Apple社の製品を使うかぎりお布施をするしかありません。

SSDは、+2万円で1TB ストレージ

最上位グレードが1TB SSDです。+2万円でできるので、こちらは迷わず選びたいところです。最優先事項です。

MacBook Air or MacBook Pro 13/16インチ

MacBook Airとは価格的に競合しないので迷わないと思います。

迷いどころは16インチです。大きくなってモバイルとには適さなくなります。もし、16インチをモバイルとして使うなら35,800円のAppleCare+がないと精神的につらいと思います。

CPUとGPUが大幅に強化されますが、第10世代のGPUはそれなりに強力なGPUなのでさらに迷う所です。

Macbook Air 王道パターンだと17万円(税込)

Touch Barではなく物理ファンクションキーなので嬉しいです。

  • メモリの容量 16GB
  • SSDの容量 512TB
  • Thunderbolt 3ポートの数 2

MacBook Pro 13王道パターンだと30万円(税込)

大きさも性能もバランスが良い

  • メモリの容量 32GB +4万円
  • SSDの容量 1TB
  • Thunderbolt 3ポートの数 4

MacBook Pro 16王道パターンだと37万円(税込)

CPU性能が13インチに比べて倍。GPUも滅茶苦茶強い。ただMacbook Airの2倍の価格になる。

16インチをモバイルとして使うなら35,800円のAppleCare+が欲しいところ。

  • メモリの容量 32GB +4万円
  • SSDの容量 1TB
  • Thunderbolt 3ポートの数 4
  • AMD Radeon Pro 5500M(8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)+1万円

用途について

Macbook Airなら画像編集・動画編集(Full HDまで)までこなせます。

MacBook Pro 13なら、上記の作業にサクサク感がでます。より快適になるイメージです。

MacBook Pro 16なら、4Kの動画編集まで可能になります。ただ、16コアの3950Xマシンに比べるとコスパ・性能面でかなり劣ります。価格は2倍・性能は1/2と相手が悪いですが微妙です。

まとめ:16インチと迷う

MacBook Pro 13の魅力は、Macbook Airに比べて2倍のCPU性能です。

しかし、MacBook Pro 16とのCPU性能差は2倍あり、GPU性能にも大きな差があります。

ただ、MacBook Pro 16の最大の欠点は、CPUが第9世代であることです。既にIntelから第10世代のハイエンドCPUが発表しています。

  • Core i7-10875H 2.3GHz 最大5.1GHz、8コア16スレッド、16MBキャッシュ)
  • Core i9-10980HK 2.4GHz 最大5.3GHz、8コア16スレッド、16MBキャッシュ

よってMacBook Pro 16を買いたいところですが、もし16インチを買うなら新MacBook Pro 16インチ 2020を買うべきだと思います。

-Mac
-

© 2020 PCまなぶ