【Windows 10】ネットワークのトラブルを解決する

いきなりインターネットが使えなくなった経験は、誰でもあるでしょう。

問題を解決することをトラブルシューティングといいます。

トラブルシューティングでは、コマンドプロンプトを使います。

コマンドプロンプトの表示方法

[Windows]+[R]を押してcmdを入力して[enter]キーです。

するとコマンドプロンプト画面が表示されます。

 

2回目は、記憶をしているので、[Windows]+[R]だけで上部です。

他のコマンドを使った場合は、上下のカーソルキーで戻してください。

 

ipconfigコマンド

ipconfigコマンドを使用する目的は、ネットワーク設定や状態を一目で確認できることです。本コマンドを実行することにより、ルーターまでの接続やコンピュータの設定などを確認することができます。

正常な場合

慣れない場合は、正常な状態を知っていると対処しやすくなります。

ケーブルが抜けている場合

ケーブルが抜けているかルーターの電源が切れていることが考えられます。パソコンとルーターの接続を確認します。ケーブルの接続が正しいにも関わらず改善されない場合にはケーブルの断線かポート(差込口)の不良が考えられます。線や接続ポートを変更しましょう。

 

DHCPサーバーが見つからない場合

下記は、パソコンが自動的にIPアドレスを取得しようとしているが、DHCPサーバーからの自動取得に失敗している場合に表示されます。ルーターの不調が代表的な例です。ルーターを再起動すると改善される場合が多いです。また、DHCPサーバーが存在しない職場の場合には、正しいIPアドレスを設定しましょう。

 

pingコマンド

IPネットワークを診断するプログラムです。接続されているかどうか調べたいコンピュータのIPアドレスを指定します。正常な場合、物理的な接続が正常であると判断できます。

指定するIPアドレスは、ルーターのアドレスが一般的です。ルーターのアドレスは、デフォルトゲートウェイの値がルーターを意味します。

 

正常な場合

通常は、以下のように4回の送信を試みます。4回送信して。4回とも正常に送信できたという意味です。

 

異常な場合

通信が出来なかったことを意味します。

まとめ:習うより慣れろ

難しく感じたかもしれませんが、慣れると簡単です。

とにかく繰り返して慣れましょう。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加