Photoshop CC 2018でよく使う「湯気を作る」アクションを登録・再生する

昨日は、料理に湯気をつける方法を公開しました。

【爆速】Photoshopで作る湯気の作り方』を見て作っていますが、アクションを登録する方法が明記されていないので、youknowさんに敬意を表し記載したいと思います。

私の記事『Photoshop CC 2018で料理に湯気を追加する』を繰り返し実施する版です。

学習素材A

1600×1066の画像(約200KB)』です。

学習素材B

繰り返しを確認するためにもう一つの画像を準備しました。

1600×1600の画像(約436KB)』です。

完成図A

自然に仕上げるとこんな感じです。もう少し湯気が少なくても良いかな。

完成図B

アクション登録によって2回目はあっと言う間です。さりげなく湯気をつけました。

実施方法(アクションを登録する)

湯気をつける方法は、5ステップです。

Step1.加工したい画像を開く

加工したい画像をPhotoshopで開きます。

Step2.湯気を作る

0.「湯気を作る」をアクションに保存しり

アクションパネルの「新規アクションを作成」ボタンをクリックします。

アクション名は自由です。ここでは「湯気を作る」と指定しました。「記録」をクリックします。

1.新規レイヤーを作り、描画モードをスクリーンに

新規レイヤーを作ります。

描画モードをスクリーンに設定します。

新規レイヤーにスクリーンが設定されました。

スクリーンは、雲などを合成するときに使うものです。白い部分は、そのまま残ります。黒は透明になり、中間色は半透明になります。面白いですね!

2.描画色リセットし、反転する

①「描画色と背景色を初期設定に戻す」をクリックし、描画色を黒色に、背景色を白色にします。

3.新規レイヤーに対し、フィルター雲模様1を適応

先ほど作った新規レイヤーを選択し、上のメニューから[フィルター]>[描画]>[雲模様1]を選択し雲模様1を適用します。

適応が成功すると次のようになります。

上手くできない場合は、描画色が白であるか。レイヤーの描画モードがスクリーンになっているか確認してください。

4.雲模様1を湯気のようにする

実際の湯気はゆらいでいるため、先ほどの雲模様1をゆらがせるために、[フィルター]⇒[変形]⇒[波形]を選択します。

値を波形:5 波長:最小100 最大400 振幅:最小10 最大80と設定し、「OK」を押します。

ここの値は、ある程度自由に調整しても大丈夫です。

「開始位置を乱数的に変化させる」を何度かクリックして納得できる形にします。

アクションパネルの記録を中止を押します。

実施方法(アクションを再利用する)

湯気をつける方法は、5ステップです。

Step1.加工したい画像を開く

加工したい画像をPhotoshopで開きます。

 アクションを再生する

再生ボタンをクリックします。

Step3.湯気を画像になじませる

1.なげなわツールを選択します。

ぼかす量は、のちほどプレビュー結果をみながら微調整するため、ここでのぼかしは「0」にします。

2.湯気を出したい範囲をなげなわツールで囲みます。

3.マスクをかける

湯気を出したい範囲を選択した状態で、画像の「レイヤーマスクを追加」をクリックすると、選択範囲以外の湯気が消えます。

4.ガウスを使って適度なボカシを入れてなじませる

マスクがされた状態であることを確認します。

フィルター⇒ぼかし⇒ぼかし(ガウス)を選択し、50pxなどを入力して確認します。

5.完成

不透明度が100%だと湯気が激しすぎて不自然です。お好みで30%などに変更してなじませてあげましょう。

おつかれさまです!完成です。

まとめ:湯気をつけるテクニックとアクションを覚えておこう

アクションは、よく使う動作を繰り返すときに使います。

 

 

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加