Quick Charge 2.0対応の中身について

CHOETECH 60W 6ポート Quick Charge 2.0対応を購入したため、いろいろ調べました。

急速充電2は、現在、存在しない

2014年夏モデルは、25%充電が速くなるとして、ドコモが「Quick Charge 2.0」を急速充電2として命名しました。

しかし、2014年冬モデルから、徐々にフェードアウトして、今では触れられなくなりました。

ドコモが急速充電2を呼ばなくなったため、「Quick Charge 2.0」と呼ぶこととします。

Quick Charge 2.0の中身

急速充電1までは、5V充電でした。Apple社の製品は、5Vで2.4Aまで流せますが、Androidは、5Vで1.8Aまでど、充電速度で負けています。

そこで9V、または12Vとして電圧を高くすることで、充電速度を速めようとしたのが、Quick Charge 2.0です。

現在のスマートフォンと接続すると、9Vに調整されます。

電圧が、5Vから9Vへと1.8倍になったことで、より大きな出力が可能になりました。

Quick Charge 2.0の電圧は、常に9V

充電速度は、スマホのチップセットに依存します。チップセットが新しくなると変わる可能性がありますが、現在のところ常に9Vで充電されます。

Xperia Z3 Compactでも常に9vで出力

Xperia Z3 Compactで急速充電2を試してみる!」で記載したように、急速充電2こと、Quick Charge 2.0をしてもスピードがあまり変わりませんでした。

このときは、充電アダプタとケーブルが一体型しかなく、電流チェッカーで確認することができませんでした。

ついにケーブル一体型以外も発売

CHOETECH 60W 6ポート Quick Charge 2.0対応は、ケーブルを別途接続できます。

やっと、電流チェッカーで確認できるようになりました。

早速、タイムラプスを使って測定してみました。

最初の50分間は、9W充電

最初は、8.78V 1.03Aです。計算すると電圧×電流で9Wで充電しています。従来の充電なら5V 1.5Aと7.5Wで充電されることになります。

1.2倍ほど高速なことになります。

20150702r52

51分から急に6.5Wにダウン

51分から80分まで8.88V 0.74Aが続きます。これは、6.5Wと急速充電1とほぼ同じ出力です。

20150702r53

81分から5.7Wにダウン

81分から8.87V 0.65Aまで下がります。5.7Wだと、急速充電1より遅くなります。

20150702r54

グラフをみるとわかるように、81分から急速充電1に比べ、充電速度が遅くなります。

120分で1.5Wにまでダウン

8.88Vで0.17A。急速充電1だと3Wぐらいだと思います。わずか半分です。一気に急速充電1に追い上げられます。

20150702r55

最終的には、急速充電1とほとんど変わらない2時間11分で充電終了

充電が100%になっても、出力は、0.1Aのまま続きます。

20150702r56

余談ですが、バッテリーチェッカーを使うだけで約0.1V低下します。バッテリーチェッカーを使わなければ9Vになり、若干早くなると思われます。

まとめ:Quick Charge 2.0の9V充電は、後半に弱い

調査した結果、Xperia Z3 CompactのQuick Charge 2.0は、後半に弱いことがわかります。

私が調査した結果、Xperia Z2 / Z3 / Z4は、そんなことはありません。

きちんと25%ほど早くなります。Xperia Z3 Compact固有の問題と考えて良いです。

 

デバック用: FB:0 TW:0 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 0  このエントリーをはてなブックマークに追加