Raspberry Pi 4 LED電球を制御する

Raspberry Pi楽しすぎます。わずかな時間でScratch・PythonでLEDを制御できます。Windows・Macにはない楽しみ方があります。

昨日は本と電子工作キットを紹介しました。

初心者向けRaspberry Pi 電子工作キット

 

LED電球を点灯させる

早速、Raspberry Piとつないで遊んで見ました。

ブレッドボードを使います。パンの板なのかな。

 

点線ごとに別れています。そして、緑のグループでそれぞれが繋がっています。

「+」と「-」は、沢山使うので上下にあります。

縦に電気が通るように繋がっています。

 

GPIO拡張ボードです。

こんな風に、取り付けることで扱い易くなります。

 

40ピンのリボンケーブルを使って、本体とブレッドボードを接続します。

 

あとは、本の171ページを見ながら配線して終了です。

まずは無事に点灯しました。

100オームの抵抗がなかったので200オームで対応しました。

 

ScratchでLEDを点滅させる

点灯だけだと、つまらないのでプログラムを使って制御します。

175ページを見て、3VのところをGPIO4に変更しました。

そして以下のようにプログラミングをしました。

 

無事に点滅しました。

 

1秒を0.5秒するだけで以下のようになります。

 

Pythonで点滅をさせてみる

「ラズベリー・パイ 超入門 改訂第5版」を読んで面白かったのが、あえてCLI(コマンドライン)で入力をしている点です。

私は、DOSで育ったのでキャラクターベースも懐かしいです。

無事に点滅することができました。177ページです。

まとめ:とても楽しいので遊んでみよう

心に余裕も必要ですが、とても楽しいです。

Raspberry Piでぜひ楽しんでください。

 

デバック用: FB:4 TW:0 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 0  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です