その他

虫よけスプレー!副作用がないのはイカリジン15%

少しだけ修正しました。結論だけ言えば、以下のスプレーを買えば十分です。

8時間持ちます。

規制緩和により、虫刺され防止効果が倍増しています。また、より効果があり副作用の少ない成分も使用可能になっています。

イカリジン15%は、赤ちゃんも使うことができ、マダニにも効果があります。

ディート30%は駄目。イカリジン15%を買うべし

結論から言うと、日本で使う限りディート30%を使う理由はなくイカリジン15%を買うべきです。

 

イカリジンを使用する理由について

ディートは、子供に使うには4時間までと言う制限があります。15%なら、保持期間が4時間までなので大丈夫です。しかし、ディート30%なら持続時間が8時間のため、子供が使う場合は4時間以内に洗い流す必要があります。

また、ナイロン製の服が溶ける問題もあります。綿しか着ない人には関係のないことですが、スポーツウェアとかは、ほとんどがナイロン製ですので関係があります。

対して、イカリジン15%は、ディート30%の持続時間があり、赤ちゃんも使うことができます。マダニにも効果があります。

2105年から日本でもイカリジンが使えるように

副作用がない イカリジン 15%が登場しました。利用制限がなくディート 30%と同じ効果時間です。

 

ディート 30%とイカリジン 15%は、5時間~8時間です。

イカリジン 15%は、国内向で万人向

イカリジンは、副作用がないとのことです。

ただし、海外で怖いイエダニ、トコジラミ(南京虫)には効果がありません。

本ブログを読む方は、国内で使用する方が多いでしょう。よって子供には、イカリジン 15%が便利です。

最大8時間の効果です。

赤ちゃんにも安心で種類が豊富

赤ちゃんに使うなら大人以上に気を付けたいものです。

赤ちゃん用にディッシュタイプがあります。

園児用に、ワンランとうーたんデザインもある

赤ちゃん・キッズ用にジェルタイプもある

 

服の上からも使えるミストタイプ

 

ムラなく使えて、べたつかないスプレータイプ

 

ディート 30%まで緩和

虫よけスプレーで効果を知るために必要な知識として、虫よけ成分である「ディート」が何パーセント入っているかを知ることです。

2104年までは、配分量に規制があったため、ディート10%と医薬品扱いの12%しかありませんでした。

ディートの混合比率が高くなると効果時間が長くなります。

例えばディート10%と12%では、20%効果時間が違います。

 

ディート 30%は、海外旅行者か大人向

ディート成分は、海外旅行に嬉しい仕様です。イエダニ、トコジラミ(南京虫)に有効です。

ただし、子供は4時間・大人は8時間程度しか塗ってはいけないそうです。

乳幼児に対し使用する場合は手のひら、顔(特に目、口)を避ける。

顔・首筋等は、手のひらにスプレーをしてから塗り広げます。

夏場など、日焼け止めと併用する場合は、日焼け止めを最初に塗りその上に虫よけ剤を塗る。

大人なら大丈夫です。30%で最大8時間の効果のです。

子供にディート 30%は、4時間までの制限があります。もし使った場合には4時間以内に、シャワーなどで洗い流す必要があります。あまり実用的ではありません。

しかも衣類につけると傷める可能性があります。ストッキングは、不可とのことです。

 

従来からあるスキンベープ(ご参考)

効果時間が2時間~3時間のため微妙です。イカリジン 15%が解禁されたため購入する理由はないでしょう。

まとめ:基本はイカリジン 15%

無難にディート10%のスキンベープを買ってしまうと、効果時間が短く残念な結果になります。

※2時間しか外にでない人には有

基本は、イカリジン 15%で乗り切りましょう。

スキンベープで紹介しましたが、同じ成分なら他のメーカーを選んでも良いでしょう。

他のメーカーならコレ!

-その他
-

© 2020 PCまなぶ