Windows

超悲報 Windows 11 HomeはMicrosoftアカウントとインターネット接続が必須

マイクロソフトのホームページにWindows 11について詳しく記載されています。

新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft

 

最も残念なことは以下の通り

ユーザープロファイルを任意の文字列に固定したり同期を強制解除するために、オフラインアカウントが必要ですが、Windows 11 Homeは出来ないようです。

中身は21H2

2015年にWindows 10が提供されました。最後のOSとのことでMacの10.##ように10が続くと思っていました。

偶然が必然かmacOS Big Sur (11.0)になったようにWindowsも11になりました。

Windowsは、約3年ごとにメジャーアップグレードしたことからWindows 10は、他のOSに比べて2倍長かったと言えます。

Windows XPが2001年10月25日から2006年11月29日までだったことを考えると最も長寿命だったOSと言えますね!

 

64bit CPU、4GBメモリ、64GBストレージが必要最低要件

1 ギガヘルツ (GHz) 以上

2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)

メモリ 4 GB RAM以上

ストレージ 64 GB 以上

グラフィックス カード DirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x

ディスプレイ 9インチ以上、HD解像度 (720p)

インターネット接続 Windows 11 Home Edition のセットアップには Microsoft のアカウントとインターネット接続が必要です

新しい機能について

Androidアプリの動作

Amazonとの提携によりAmazon AppstoreからWindows 11にAndroidアプリを導入できるようになります。

新デザイン

中身は、基本的に変わりませんが、インターフェースが一新されます。

操作性の改善

Microsoft PowerToysの機能が標準で搭載されるようですね。

高い生産性

新しくなったデスクトップやスナップ レイアウトのようなツール、より直感的になった再ドッキング機能が、使いたいアプリへのアクセスやマルチタスクをお手伝いします。

よくわからないですね💦

 

接続性

Microsoft Teams なら、デスクトップからすぐに、しかも簡単に大切な人々と連絡がとれます。相手のデバイスを気にする必要はありません。通話やチャットは無料です

Microsoft Teamsは、かなりウザイので、やめてほしい

以下は、別途記載します。

  • ゲーミング
  • 情報へのアクセスの改善
  • ストアの改善

Windows 10 のサポートは 2025 年 10 月 14 日まで

Windows 11 にアップグレードしなくても問題はありませんとのことです。

ただし、2025 年 10 月 14 日までですね!

アップグレード後に Windows 11 からWindows 10 に戻すことができる

Windows 11 にアップグレードしてから 10 日間は、ファイルとデータを保持したままで Windows 10 に戻すことができます。

10 日が過ぎてから Windows 10 に戻すときは、データをバックアップしてから「クリーン インストール」することが必要です。

7月にWindows 11の提供開始

来週には、新しいWindows 11が Insider Previewとして提供されます。

Insider Preview Downloads』(英語)に移動します。

下の所から「Windows 10 Insider Preview - Build 15002」をダウンロードします。

 

Arm版の正式発表なし

M1 Mac対応があると思いましたが、発表がありませんでした。

とても残念です。

以下は、不発でした。

まとめ:7月上旬にWindows 11を使おう!

Windows 10が登場して6年が経過しました。

基本的にデザインが変わっただけです。

中身は21H2です。

インサイダー版が来週には使えるようになります。楽しみですね!

関連URL

Windows 11の互換性を確認する(駄目な時の改善方法を含む)

-Windows

© 2021 PCまなぶ