Windows

Windows 11の目玉はマイクロソフトシリコン!?Arm正式対応?6月25日午前0時発表「What's Next for Windows」

2021年6月5日

次世代Windowsは、過去 10 年間で最も重要な Windows の更新になるとのことです。

正式なリリースは、2021年の10月頃の21H2か22年春になります。

21H2はメジャーバージョンアップになりますが、「What's Next for Windows」とは違うと明言しています。

Windows 10Xのシングルスクリーン版か

Windows 10Xは、当初デュアルスクリーンとして登場する予定でした。

エミュレーションは体験できるため、ご自身のWindows 10で体験するのも良いです。

 

次世代Windowsは、21H2ではないが参考になる

次世代Windowsであるため、単なる大規模アップデート21H2ではありませんが、布石として参考になります。

Insider Preview Downloads』(英語)に移動します。

下の所から「Windows 10 Insider Preview - Build 15002」をダウンロードします。

 

Arm版Windowsの正式発表か

まず小手先として、M1 Mac対応があるハズです。

ただ、このままだとApple社に負けてしまいます。

そこでマイクロソフトシリコンが登場するシナリオです。

まとめ:6月25日午前0時の発表を待とう

Windows 10が登場して6年が経過しました。

そろそろ大きな変化がありそうです。

マイクロソフトシリコンとかでると面白いですね。

-Windows

© 2021 PCまなぶ