【超簡単】MacにインストールしたWindowsを削除する

Mac mini 2012 と Mac mini 2018で検証したので大丈夫だと思います。MacにインストールしたWindowsを削除する際にご利用ください。


Apple社の標準ソフトであるBoot Campを使ってインストールしたWindowsを削除する方法について記載します。

Windows上にあるデータは全て削除されます。必要な情報は、事前にバックアップしてください。

「Finder」をクリックします。

 

「アプリケーション」⇒「ユーティリティ」と移動し、「Boot Campアシスタント」をダブルクリックします。

 

「続ける」をクリックします。

 

「Windows 10またはそれ以降のバージョンを削除」をクリックします。

USBメモリからインストールした場合は、以下のウィンドウが表示されます。山々

 

Windows側のデーターは、全て完全に削除されます。

「復元」をクリックします。

 

少し待つと終了です。

 

Windowsパーティションが削除され、498GBに復活しました。

「終了」をクリックします。

 

まとめ:削除も簡単

Windowsをインストールしたあと削除するとなると、難しいことを想像してしまいますが、さすがMacです。

インストールと同じ操作で削除できます。

デバック用: FB:0 TW:2 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加