パソコン(Windows 10 / Mac)を使って4K ULTRA HD(UDH)のBlu-ray(ブルーレイ)を再生する

2019年になり、パソコンでの4K ULTRA HD再生も身近になりました。

Windows 10 や Macでも4K ULTRA HDを再生できます。

必要な物

以下の6つが必要です。

  • ディスプレイ
  • パソコン
  • GPU
  • プレイヤー
  • ソフトウェア
  • ディスク(コンテンツ)

ディスプレイ

4KのHDRに対応したディスプレイが必要です。

2019年2月26日に発売する新製品です。クーポン適用で42,979円と超安い。

その他に製品についても、以下を参照ください。

ついに発売!4K 27インチ HDRのディスプレイが42,979円 27UL500-W

パソコン

DVDFab Player』で再生するなら、条件はほとんどありません。

 

パイオニアのドライブに付属のPowerDVD14で4k再生するならIntel 第7世代以降のCPUが必要です。i7とi5が可能です。Uシリーズは不可です。

なおかつIntel SGXに対応している必要があります。

GPU

DVDFab Player』で再生するなら、条件はほとんどありません。

外付けGPUでも再生できました。

 

パイオニアのドライブに付属のPowerDVD14で4k再生するなら、内蔵GPUだけが対応とのことです。外付けのGPUでは再生できないので要注意です。

プレイヤー

DVDFab Playerで4K再生するならドライブを選びます。

4K UHDディスクのコピー・リッピングに最適なBlu-rayドライブについて』を参照ください。

 

DVDFab Player以外ならパイオニアのブルーレイが有名です。Windowsの再生ソフトウェア付き詳しくは、以下を参照ください。

【レビュー】パイオニア UHD Blu-rayポータブルドライブ BDR-XD07J-UHD

ソフトウェア

以下の3選です。

  • DVDFab Player
  • パイオニアドライブ付属のPowerDVD14
  • PowerDVD 19 Ultra

上記で紹介したパイオニアの製品であれば、Windows版のソフトウェアがついています。

あとからなら、以下がオススメです。

DVDFab プレーヤー 5 (Windows版)

DVDFab プレーヤー 5 for Mac

ディスク(コンテンツ)

コンテンツによっては、5千円未満(英語版)と非常に安価です。

まとめ:これから楽しみなコンテンツ

Blu-rayは一般的になっていますが、4K ULTRA HDは、これからです。

2019年から一般的になりつつあるので、使える方は多いに楽しみましょう。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加