その他

2020年春版!Windows 10をインストールする方法

気持ちは2020年の春です。この時期は、Windows 10 20H1と言って1年に1回の大規模アップデートが適用されます。

日本語機能が大幅に向上しているため、今から楽しみにしています。

「無変換」と「変換」で英語 / 日本語の切り替えができるようになります。

 

インストール用DVDを作成する

詳しくは、「簡単ですぐできる!windows 10 インストールUSB/DVD作成方法」を参照ください。

ライセンスを準備する

今回は、費用削減のために余ったWindows 7ライセンスを使用します。

20160204r02

 

インストール用USBを準備する

詳しくは、『Windows 10 インストールメディア作成方法(DVD・USBメモリ)』を参照ください。

USBメモリをさして電源を入れます。あとは、指示に従うだけです。

 

「今すぐインストール」をクリックします。

 

Windows 10でも、Windows 7のライセンスキーが入ります。

もし、プロダクトキーがなければ「プロダクトキーがありません」をクリックしてください。

 

該当するOSを選択して「次へ」をクリックします。

 

「同意します」にチェックをいれて「次へ」をクリックします。

 

「カスタム:Windows のみをインストールする」をクリックします。

 

「はい」をクリックします。

 

「はい」をクリックします。

 

「スキップ」をクリックします。

 

「個人用に設定」をクリックし、「次へ」を選択します。

 

私は、「オフライン アカウント」をいつも選んでいます。

 

「制限付きエクスペリエンス」をクリックします。

 

ここでは、必ず半角英字にします。「次へ」をクリックします。

 

「次へ」をクリックします。

 

「同意」をクリックします。

 

「はい」をクリックします。

 

「同意」をクリックします。

 

なぜか初期値が英語です。日本語にして「Get started」をクリックします。

 

「A / あ」を右クリックして「IMEツールバーの表示/非表示」があれば、20H1バージョンです。

~以下は、2016年2月4日に執筆した旧記事です~

前回は、ハードウェアの説明で終了しました。

詳しくは、「1時間で完成!安価なWindows 10パソコンを自作する」を参照ください。

今回は、OSをインストールしましょう。

20160204r03

インストール用DVDを作成する

詳しくは、「簡単ですぐできる!windows 10 インストールDVD作成方法」を参照ください。

ライセンスを準備する

今回は、費用削減のために余ったWindows 7ライセンスを使用します。

20160204r00

パケージ付属のDVDは、使いません。ライセンスのみを使います。

20160204r02

インストール用DVDドライブを準備する

今回の自作機は、DVDドライブを買いませんでした。そこで外付けDVDドライブでインストールします。

詳しくは、「いまどきの必需品!Qtuo USB 3.0 外付型 DVDドライブ」を参照ください。

早速、インストール。

20160204r05

DVDドライブにDVDを入れて電源を入れます。あとは、指示に従うだけです。

20160204r03

いままでOSを何千回もインストールしているため、ほぼ条件反射的にインストールできます。

そんな自分でもドキドキしたのが、Windows 7のライセンスキーが入るかです。

Windows 10にもかかわらず無事、Windows 7のラインセスが入りました。

20160204r06

DVDドライブのため時間がかかりましたが、USBメモリであれば10分で終わることでしょう。

20160204r08

まとめ:Windows 7以降のライセンスを準備しよう!

次は、プロ用の環境を1台作成する予定です。また、パソコン教室用に、あと4台準備することです。

課題は、まだまだ多いですが、一歩一歩確実に進むだけです。

Windows 7のラインセスがあれば、そのまま使うことができますし、ライセンスがない場合もWindows 7のDVDを買うと安価なためお勧めです。

Windows 10のラインセスを買うと2万円以上します。

Windows 7のライセンスなら半額です。しかもそのままWindows 10で利用できます。

ご参考:Windows 10 Pro

-その他
-,

© 2020 PCまなぶ