Z50 まとめ 買ってから驚くこと

親子で並べても美しい

あとで親子の写真に撮影しなおしますが、D780やZ7と並べて置くだけでも美しいです。

インテリアとしても最高です。この感覚は、Macをとりあえず飾ることに似てるかもしれない。

 

自撮&三脚には、別途機器が必要

思いのほか安かったのが救いです。ただし、バッテリーを外すときに本製品も外す必要があります。

付けたままバッテリー交換できるタイプです。その代わり値段が高いです。

スマホでも出来ますが、オートができないとか謎の仕様がありますので、専用リモコンが良いかも

片手持ちが便利そう

従来のカメラは、首にぶら下げることが多いと思います。Z50は、片手持ちの方が良さげです。

PeakDesign カフ リストストラップ アッシュが便利

 

標準キットレンズのφが46mm

クロスフィルターを使おうと思ったらKenkoさんの最低φが49mmでした。orz

 

変換アダプターで対応できます。

ニコン Z50 クロスフィルターを使いこなせ

φ46がφ52になり、遊びまくれます。

 

キットレンズにはフードがついていない

ニコンのキッズレンズを買った人なら、わかると思うけど、ついていません。(笑)

Nikon Z50使うならフードも買うべし!

予備バッテリー・フード×2で1万円の追加出費まちがいなし!

 

リモートコードがつながらない

なんとリモートコードを接続する端子がありません。Bluetoothリモコンを使ってズーム操作、静止画撮影、動画撮影の開始・停止ができるとのことです。

もし、レスポンスが良ければ、これはこれで便利なので嬉しいですが、Z50のみの対応。D780 / Z6 / Z7にて使えません。

リモートフラッシュに必要なコマンダーになれない

ニコンの中で入門向けカメラは、コマンダーになれません。Z50は、価格こそ立派ですが、位置づけは結構下です。そのためコマンダーになれません。

フラッシュライトを2つ買って対処してください。

SB-500ならLEDライトにもなります。

操作方法『ニコン 全機種対応 フラッシュライトをリモート操作する

ビデオ端子がMicro HDMI

サイズが小さいので物理的には当たり前なんですが、驚きます。

充電端子がMicro USB

すべてTYPE Cにするつもりが、ビックリのMicro USB。Micro USBは、不要です。法律で規制して欲しいぐらい。

5V 0.5Aの超亀充電でした。5時間で終わらるらしい。

充電器だと2.5時間で終わります。5V 1Aなのかな。

まとめ:第一報はこのくらい

沢山便利な機能を見つけているので、これから沢山追記します。

関連URL

【まとめ】Nikon D780が期待以上。D5とZ6の良いとこ取り

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加