写真の新しい魅力!【1:1】ましかく写真のポイント

Instagramの登場により、「ましかく」写真が注目されています。

通常の写真もよいですが、「ましかく」も楽しいです。撮影の際のポイントをお伝えします。

20160208r109

比率によって雰囲気が変わる

通常の比率だと、全体の雰囲気を伝えるのが得意としています。そのままの状態で真四角にすると寂しい感じになります。

 

△そのままだと、余白が多く寂しい感じに

20160208r100

○ましかく撮影だと、ズーム気味にしたほうがバランスがいい

20160208r99

ましかくは、日の丸構図が基本

通常の比率で、真ん中に構図をおくと単調になってつまらないことも多いです。

そこで3等分して、その上に伝えたいものを配置することも多いです。

20160208r101

3等分の配置は、「ましかく」でもできますが、日の丸構図が基本となります。

20160208r102

3等分の配置も有効

日の丸構図が適さないときは、3等分構図を使います。

20160208r104

いい感じです。

20160208r103

全体の雰囲気を伝えるのは、苦手。

20160208r106

ドーンと写すべし!

20160208r105

必要な情報だけに絞りこめ

本当に必要だと思えるところに絞り込むのが「ましかく」写真の醍醐味です。

20160208r107

絞り込みは、Photoshopが便利

若干引き気味に撮影して、ソフトでトリミングがいいでしょう。

20160208r108

まとめ:基本は同じだが、使う頻度が変わる

整理すると以下の通り!楽しんでくださいね。そしてInstagramに投稿しよう!

  • 3分割構図よりは、日の丸構図を使うことが多い
  • 引きよりは寄りが多くなる
  • 不要な情報をカットするのが醍醐味

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加