普及価格帯の第六世代CPU発売!Windows 10発売との相性抜群

デスクトップ向けCPUが、2年ぶりの2015年8月5日に発売されました。

これは、オーバークロックモデルでTDP91Wと熱いCPUでした。

9月2日に、普及価格帯のCPUが登場しました。65Wと扱いやすいのが特徴です。

マザーボードも登場

1か月前に登場したCPUは性能さえよければ、価格はあまり気にしない人向けですが、今回は、価格と性能のバランスを気にする方に最適です。

DDR4メモリもセット買うと2500円割引
詳しくは、「ASUS マザーボードとCrucial DDR4メモリのまとめ買いで最大2,500円OFF」を参照ください。

気になる性能については、「Skylake Kの実力を探る 最新CPUベンチ」レビュー - AKIBA HOT LINEを参照ください。

新CPUの主な仕様
Core i5-6600K Core i5-6500
製造プロセス 14nm 同左
開発コードネーム Skylake-S 同左
コア数 4 4
スレッド数 4 4
CPUクロック(定格時) 3.5GHz 3.2GHz
CPUクロック(Turbo Boost時/最大) 3.9GHz 3.6GHz
L3キャッシュ 8MB 8MB
対応メモリ DDR4-2133
DDR3L-1600 DDR3-1333/1600
内蔵GPUコア Intel HD Graphics 530 同左
GPUコアクロック(最大) 1,150MHz 同左
TDP 91W 65W
倍率アンロック
対応ソケット LGA1151 同左

※新GPUから3桁表示になりました

マザーボード一覧(H170)

Amazon一覧

楽天一覧

メモリ一覧(DDR4-2133)

Amazon一覧

楽天一覧

Windows 10

Amazon 一覧

楽天一覧

まとめ:自作ユーザーにオススメ

第六世代は、ハイエンドCPUしかありませんでしたが、普及価格帯も発売し充実してきました。

次は、低価格帯が発売すると思います。

待ち遠しですね。

 

関連URL

待望の第六世代CPU発売!Windows 10発売にあわせた新調に最適

 

 

デバック用: FB:0 TW:0 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 0  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です