AirPods Proが30,580円(税込)で9月30日に発売・到着

30日発売、HP発注で発売日に到着

いよいよAppleが税込で3万円を突破するAirPods Proが発売しました。

29日AM5時に発売したことを知り、色々調べてAM6時にHPにて注文をしました。

注文時は以下のように表示されていました。

 

注文当日の午後19時に嬉しい知らせがありました。前だおしされました。

 

9月30日の10時にクロネコヤマトさんが配達してくださいました。

なお、Amazon・楽天・Yahooショッピングでも販売しています。

色は白のみ

ホームページ『AirPods Pro - Apple(日本)』で詳細を確認でき、注文もできます。今朝、注文をすると30日に到着です。

噂と違って色は、白色しかありません。

ノイズキャンセル対応。外部音取り込みモードもあり

ノイズキャンセルに対応して、音楽だけに専念できるのが従来のAirPodsと違うところです。

従来のAirPodsは、周りの音が聞こえるため他社のイヤホンに比べて安全に行動できることでした。

今回のAirPods Proは、外部音取り込みモードを搭載しています。切り替えることで、周囲の環境音を聞いたり状況を把握することができます。

カスタマイズ可能

装着感をカスタマイズできるように、内側に向けて細くなっているイヤーチップを3つのサイズで用意してあります。

イヤーチップが耳の形になじむので、AirPods Proを確実に装着でき、密閉性も抜群。優れたノイズキャンセリング性能を発揮します。

耳の穴が大きい私は、前モデルを使用して走っていると1日1回ペースで左耳が落ちました。今回のモデルから心配が無くなる事は、嬉しいです。

 

前モデルは、2019年3月20日に発表。26日到着

私のAirPodsが最新モデルであることは、わずか7ヶ月間でした。前モデルは、2019年3月20日に発表があり、私の所には2019年3月26日に到着し、24,624円で購入しました。

ランニングの時に毎日使っています。私の感覚では2年も使えば元が取れると思っています。

ケースも発売中

AirPodsは傷がつきやすいです。

最初からシリコンケースに入れた方が良いです。

ケース選びのポイント

鉄の部分があると、Qi充電の時にエラーになります。Qi充電のためにも鉄部分(カラビナなど)が外せる方が良いです。

AirPodsは、無くしやすいです。紛失防止のためにシリコンケースは、視認性の良い色にした方が良いです。

ストラップをつけると、落下防止・紛失防止になります。Qi充電のことを考えてシリコン製が良いです。

まとめ:2年使えば元が取れる?

3万円はとても高価ですが、代替えがない優秀なヘッドフォンである可能性が高いです。

日常やスポーツのおともに使いたい方にオススメです。

デバック用: FB:4 TW:2 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です