Mac mini 2018ユーザー必須知識!3台のパソコンをスムーズ切替

4年ぶりにMac mini 2018が発売されました。

Mac mini 2018を愛する人の中には、私のように複数台のPCを使っている方も多いと思います。

今回は、1台のディスプレイ・キーボード・マウスで、3台までのパソコンを操作することを前提に説明します。

 

普段から沢山のPCをモニターに接続しています。

場合によって以下の4パターンを使いわけ

一長一短があって、どの方法がベストとは言えません。

  • リモートデスクトップ
  • Macの画面共有(VNC)
  •  Logicool  Flow&マルチモニター
  • HDMI切替器&Logicool Flow
  • HDMI切替器&Logicool Flow&キャプチャーボード

Logicoolの対応キーボードとマウスでは、3台までのパソコンの接続先を変えることができます。

今回の前提知識

3台以上切り替えることができるキーボードとマウスを準備してください。

とても安いので、HDMI切替器を購入してください。

文末に、商品の紹介とリンクが張ってあります。

今回の主役はHDMI切替器とLogicool  Flow

Amazonで998円購入してみました。4Kまで扱えて3台まで切り替えることができます。安いです。

番号が、予め記載してある点が大きなポイントです。

 

非常にシンプルで使い勝手が良いです。

Selectボタンを押すことで1・2・3と切り替えることができます。

 

同様に、パソコン本体にも番号を記載したレシーバーを挿します。

この点も大きなポイントです。

 

同じボタンを、本体に結び付けることで簡単に切り替えられるようになります。同様にマウスも行います。

 

快適そのものです。

 

 

まとめ:多PCの問題を様々な方法でスマートにクリアしよう

今回紹介したHDMI切替器は、いかがでしたでしょうか?

通常なら、キーボードやマウスを接続し直す必要がありますが、ロジクールのキーボードとマウスを使うことによって煩雑さを防ぐことができます。

以下の紹介する機器をフル活用して快適PCライフを過ごしましょう。

マウスの最高峰!ロジクール MX2100sGR

 

【レビュー】キーボードの最高峰!Logicool CRAFT

 

ネットワーク経由でパソコンを操作する【リモートデスクトップ接続】

 

Windowsからネットワーク経由でMacを操作する方法 PCまなぶ

 

Bandicamデザイン一新!安価で優れたHDMIキャプチャーソフト PCまなぶ

 

【ハードウェア編】DC-HC3PLUSでHDMIキャプチャーを極める!

デバック用: FB:0 TW:2 Po:3 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加