Windows

4000MHz Infinity Fabric 1:1動作 ASUS ROG CROSSHAIR VIII DARK HERO

動画版作りました。


超人気のASUS ROG CROSSHAIR VIII DARK HEROが在庫ありです。

4000MHz Infinity Fabric 1:1にて安定して動作します。
※すべてができるわけではなくメモリ・マザボ・CPUに依存します

マザボ(4種類目)・CPU(3種類)・メモリ(Crucial Ballistix Max DDR4 4000MHz一択)でついに動きました。

4000MHz Infinity Fabric 1:1を実現すべく総額30万円以上かけて調査したことになります。

 

ポチルべし!

今なら在庫があります。サクっと買いましょう。

価格.comの売れ筋ランキングで1位です。(6953製品中)

【楽天市場】【3/10在庫あり 入金確認後翌営業日発送可】ASUS ROG CROSSHAIR VIII DARK HERO (AMD X570チップセット搭載ATXゲーミングマザーボード AM4ソケット PCIe4.0) 保証付き【新品】【正規販売代理店】★:オフィスハードウェアエーワン

私も買って持っています。レビューは2週間以内にする予定です。

ASUS ROG CROSSHAIR VIII DARK HEROに期待

今メインマシンとして使っているのが、MSI MEG X570 UNIFYです。

価格が安く高性能、多くの方にオススメできるマザーボードです。

AMD Ryzen 9 5950Xに最適なマザーボードMSI MEG X570 UNIFY

新しくMSI MEG B550 UNIFY-Xが発売されたため購入しました。

MSI MEG B550 UNIFY-Xはオーバークロックに強いとのことで期待しましたが、私のスキルの問題でDDR4 4000MHzで動かすことは出来ませんでした。

MSI MEG X570 UNIFYとMSI MEG B550 UNIFY-Xは、別物でGPUカードを入れる場所が実質1か所。

M.2 Gen4×3が売りだと思いますが、PCIカードとの排他制御も多く、期待したものではありませんでした。

【悲報】ダメダメっぽい⁉MSI MEG B550 UNIFY-X / MSI MEG B550 UNIFY

 

本命はASUS ROG CROSSHAIR VIII DARK HERO!?

価格がMSIのMEG X570 UNIFY・MEG B550 UNIFY-Xより1.5倍ほど高いですが、憧れのハイエンドマザーボードです。

残念な所

私にとって残念な所が2点ありました。

幸い2点とも、ちょっとしたことで解決ができます。

 

M.2が3枚入るかと思っていたら2枚でした。

「HYPER M.2 X16 GEN 4」を使うことで最高4枚。私の環境なら2枚追加することができます。このため、大きな問題ではないです。

 

競合の以下と比べると見劣りします。

  • MSI MEG X570 UNIFY 3枚
  • MSI MEG B550 UNIFY-X 4枚

M.2スロットが片面冷却

動画編集で使うため、2TBのSSDを搭載します。

2TBのSSDだと両面実装が多いようです。

対して本マザボは、片面冷却です。

本番環境の見た目はどうでも良いので、両面ヒーラーをつけて解決です。安い両面クーラーで充分だけど、お高いクーラー(ごついヤツ)ならより冷えます。

今回は、こちらが良いと思っています。

競合他社は以下の通りです。

  • MSI MEG X570 UNIFY 片面冷却
  • MSI MEG B550 UNIFY-X 両面冷却

 

DDR4 4000MHz Infinity Fabric 1:1を実現した環境について

以下の環境で動きました。もっと早く「DARK HERO」が手に入ってれば...

  • ASUS ROG CROSSHAIR VIII DARK HERO
  • Ryzen 5 5600X
  • Crucial Ballistix Max DDR4 4000MHz

Infinity Fabric 1:1の実現方法

初期値ではInfinity Fabric 1:2になりました。

BIOSで2か所を変更するだけで動きます。

BIOSは最新にしました。

XMPを有効にする

どのマザーボードでも初期値はSPDになっています。そこでXMPを有効にします。

EzModeが好きなので移動させてください。

「EzMode」をクリックです。

 

ASUSは、D.O.C.P.との表記です。有効にしますので「Disabled」をクリックです。

 

「Profile#1」をクリックします。

 

DDR4 4000MHzの値が入っていることがわかります。

 

「Advanced Mode」をクリックして移動します。

 

「Extreme Teaker」をクリックし、FCLK FrequencyのAutoをクリックします。

 

2枚で2倍の速度を実現しているので、ここでの値は、2000MHzです。

 

最後に保存します。「Exit」をクリックし、「Save Changes & Reset」をクリックします。

 

最終確認です。変更する値がが一覧で表示されます。「OK」ボタンをクリックです。

 

以上で夢の4000MHz Infinity Fabric 1:1が実現しました。

外部GPUの場合は、1%ほど性能が向上します。

内蔵GPUの場合は、ゲームで10%ほどの性能向上が期待できます。
※まだ同世代の内蔵GPUは発売していません

関連URL

本日発売!MSI MEG B550 UNIFY-XとASUS ROG CROSSHAIR VIII DARK HEROの違いについて

 

【悲報】ダメダメっぽい⁉MSI MEG B550 UNIFY-X / MSI MEG B550 UNIFY

 

AMD Ryzen 9 5950Xに最適なマザーボードMSI MEG X570 UNIFY

 

-Windows

© 2021 PCまなぶ