その他

AMD Ryzen 9 3950Xに最適なマザーボードMSI MEG X570 UNIFY

多くのマザーボードが7月7日に対して本マザーボードは、11月15日発売に発売しています。メインターゲットは、AMD Ryzen 9 3950Xのためです。

流行のLEDは搭載していませんが、その分お買い得になっています。

ベースは、4.5万円クラスのMEG X570 ACEです。装飾などを省略してシックな黒ベースにすることで高品質で低価格を実現しています。

チップのファンが高耐久ダブルボールベアリングであり、低負荷時には停止するようになっています。

 

EPS12V 8ピンが2系統

EPS12V 8ピンが2系統です。標準で搭載しているATX電源がほとんどありません。

いろいろ調べたらCorsairの電源の場合は、EPS12V 8ピンのオス-オスが対応しています。

COMeap CPU 8 Pin Male to CPU 8 Pin (4+4 Detachable) Male EPS-12V Motherboard Power Adapter Cable for Corsair Modular Power Supply 25-inch(63cm)

アメリカから送ると、商品1,235円・送料594円ですね!

変換コネクターで新たに1本増やすのも手です。

 

高負荷でも楽々耐えられるヒートシンク搭載

極太なヒートシンクです。これなら楽々高クロックも大丈夫です。

備忘録

もうすぐ廉価版が登場します。「MSI X570 Tomahawk WiFi」

同じコンセプトで、MSI MEG X570 UNIFYより、お安い製品です。グレードは一つ下になります。

まとめ:3950Xにぴったりの一押しの製品

私も長い間、ベストなマザーボードを探していましたが、私にはこれだと思いました!

ただ、実際に使うと、ベースとなっているACEも気になります。隣の芝生は青くて困りますね!

 

-その他
-

© 2020 PCまなぶ