起業

無事に合同会社の登記終了!法人番号指定通知書が到着

2021年8月15日

登記後の費用について

登記後に法務局へ行ってきました。費用は以下の通りです。なお、登記にかかった費用は、『5分で出来るは嘘(笑)!Freee法人(会社)設立』をご覧ください。

  • 印鑑証明書交付申請書 450円
  • 登記事項証明書交付申請書 600円
    ↑年金事務所で原紙1枚
  • ゴム印 4行合板  2,041円
    社判 ゴム印 1,216円
    ※必須ではないけど、住所・名前・電話の記入が判子で済む

無事に会社の登記が終了し郵便物が届く

私の名前で郵便物が到着すると思っていたら、会社名での発送でした。

住所の会社名だけで郵便物が届くんですね(汗)

会社社の設立については、『Freeeの会社設立』をご覧ください。

1週間あれば作れます。

設立後の処理について

Freee会社設立』に従うだけです(笑)

右も左もわからずにFreeeに書かれている通り書類を法務局に提出します。以下の順番で実施します。

  • 印鑑カード交付申請書(10分前後かかる。無料)
  • 印鑑証明書交付申請書(印紙450円)
    ⇒機械で申請しました
  • 登記事項証明書交付申請書(印紙600円)
    ⇒機械で申請しました

ダウンロードすると、全て埋まっています。「会社法人等番号」だけ記載をして、会社実印を押印するだけです。

 

すると登記事項証明書に設立日が記載されているので、Freeeの所に登録します。

 

つづく

-起業

© 2021 PCまなぶ