その他

楽にRaspberry Pi OSを作成する!Raspberry Pi Imager

推奨インストールをすると最低限度のアプリしかインストールされないことが発覚しました。

早速、追記修正しました。Fullインストールを選んだ方が面白そうです。

 

いままでは、NOOBSを使ってRaspberry Pi OS(旧名称:Raspbian)を作っていました。

Raspberry Pi Imagerの登場により簡単にRaspberry Pi OSを作ることが可能になりました。

(ご参考)動画版でもインストール方法を紹介

動画版でもインストール方法を紹介しています。

動画を見たい方は、ラズベリーパイ OSの作成 9:29からご覧ください。

OS作成が楽になった

NOOBSの場合は、MicroSDカードが32GBを超える場合に面倒でしたが、関係なく超楽になりました。

 

作成したいMicroSDカードを差し込みWindows等の機器に接続します。

 

Raspberry Pi Downloads - Software for the Raspberry Pi』に移動します。

該当するOSをクリックします。

 

ダウンロードしたファイルを実行すると、インストールが始まります。

「Install」をクリックです。

 

「Run Rasperry PI Imager」にチェックを入れて、「Finish」をクリックします。

すると「Rasperry PI Imager」が実行されます。

 

「CHOOSE OS」をクリックします。

 

「Raspberry Pi OS(32-bit)」をクリックします。推奨(Recommend)と書いてありますからね!

注意:この場所だと最低限のアプリしかインストールされません。1.1GBのダウンロードが必要です

 

様々なアプリで遊びたい場合は、「Rasperry Pi OS(other)」を選択し、Fullを選択します。

2.5GBのダウンロードが発生します。

「CHOOSE SD CARD」をクリックします。

 

パソコンに挿入しているMicro SDカードを選択します。

 

「WRITE」をクリックします。

 

以上で終了です。楽すぎる!SDカードを取り出して「CONTINUE」です。

 

作成したSDカードをラズベリーパイに入れます。

128GBのマイクロSDカードでも問題なく起動ができました。

まとめ:8GB版登場にふさわしいアップデート

初心者にとってOSのインストールは、難しいものだと感じていました。

今回のアップデートによって初心者に優しい物に改善されました。

関連URL

8GB版の販売開始!Raspberry Pi 4 まとめ

 

旧方法:NOOBSを使ってRaspberry Pi OS(旧名称:Raspbian)を作る

Raspberry Piをインストールするには、インストールメディアを作成する必要があります。

Mac・Windowsと違ってMicro SDカード一択です。

通常は、32GBを使います。あとはお好みで64GB以上を使います。

64GB以上を使うには、FATフォーマットをしてください。

64GB以上のFATフォーマットは、Windows標準のアプリケーションや通常推奨しているフォーマットツールでは出来ません。

詳しくは、『Raspberry Pi 4で64GB以上のインストーラーを作成する』を参照ください。

安価な製品には、偽物が多いのでAmazon直販がオススメです。

  • Pi3までは32GBまで
  • Pi4からは2TBまで

Raspbianオペレーティングシステムを入手する

初心者の場合は、NOOBSソフトウェアを使うのが簡単でオススメです。

NOOBSをダウンロードします。

Raspberry Piのダウンロードページ』に移動します。

 

「Download ZIP」をクリックします。

 

SDカードをフォーマットする

NOOBS-Raspberry Piドキュメント』にインストール手順が記載してあります。

インストールする前にフォーマットすることが記載されています。

WindowsならSD AssociationのFormatting Toolを使用することが推奨されています。

SD Memory Card Formatter - SD Association』に移動してツールを手に入れてフォーマットしましょう。

 

日本語のマニュアルに、さっと目を通しました。特に気をつけることはなさそうです。

ファイルをダウンロードしてインストールしました。

 

念のため上書きフォーマット(物理フォーマット)しました。

物理フォーマットを間違ってすると、データの復旧は不可能なので、カードの選択が120%間違いないことを確認して実施してください。

32GB以下の場合

SDHCのマークと文字列があります。

 

フォーマットをすると、FATフォーマットになります。

 

64GB以上の場合

64GBの物理フォーマットだと1時間ぐらいかかりました。

32GBを超える場合はexFATのみになります。

 

フォーマットをすると、exFATフォーマットになります。

 

Raspberry Pi 4で64GB以上のインストーラーを作成する』を参考にFATフォーマットにしてください。

 

ダウンロードしたファイルを解凍して中身をSDカードに保存して終了です。

旧方法のまとめ(NOOBS):1つのファイルを準備するだけで良い

WindowsやMacに比べて簡単かと思いましたが、同等程度の大変さです。

IT全体のスキルアップするには、WindowsとMacも体験するのが近い道です。

興味のある方は、Windows・Macでも体験してください。

関連URL

まとめ 誰でも気軽にできるRaspberry Pi 4 model B

Windows 10 インストールメディア作成方法(DVD・USBメモリ)

【Mac】起動用USBを作成しインストールする方法

-その他
-

© 2020 PCまなぶ