ENEOSセルフで使えるEneKeyで100円でも安く1秒でもはやく

私の自宅ではENEOSが最寄りです。

ほんの少し行くとENEOSセルフもあります。

ENEOSセルフだとEneKeyが使えます。

火曜日と金曜日は2円/l安く、EneKeyだと1円/l、クーポンを使えば2円/l安くなります。

EneKeyで支払うとTポイントカードが自動連携

クレジットカードで支払ってもIDで支払っても、入力の手間がありました。

対してEneKeyで支払うとTポイントカードを入れる必要が無くなります。 

Tポイントカードは、0.5%還元と微妙なのに入れるのが手間でした。

私の場合は、軽自動車なので満タンで24l程度。3500円ぐらいです。

Tポイントカードを入れるが面倒ですが、17円を捨てるのも勿体無い話でした。

すべての割引を使えばカードを入れるより楽に毎回100円程度は安くなります。

EneKeyの登録は5分程度

多くのクレジットカードに紐付けできます。

Tカードも紐付けできます。

EneKeyの登録はは、タブレットでします。店員のサポートがありし、免許書でスキャンすれば名前・住所は自動入力です。

スムーズに登録できました。

クーポンが貰える

店員と仲良くなれば、クーポンがもらえます。貰えるコツを教わりました。

一度もらえば月末まで使えます。

※厚かましくも初対面でも、仲良しです。

紛失・盗難保証

EneKeyは、かざすだけで使えるので紛失すると非常に危険です。

落としたり、盗まれたりした際に不正に利用された場合、専用コールセンターに連絡した日の60日前〜3日後の損害は、60万円を限度に補償されるとのことです。

かなり心強いです。

1回に購入できる金額の上限は15,000円未満で4回までです。よって1日に購入できる限界は6万円のため最短でも10日は紛失にきずかなくても対応できます。

※クレジットカードの上限も来ると思うでますます安心!

EneKeyに関する問い合わせ

盗難・紛失の際に必要となる連絡先です。

EneKey ヘルプデスク:0120-323-163

※携帯電話からは、03-6634-7880

受付時間:平日 9:00〜18:00

※土・日・祝日・年末年始を除く

まとめ:5分間の登録手間とトレードオフできるか

5分間の手間も結構なものです。私の時給を2,000円と仮定すると、166円相当の人件費を使って実施することになります。

EneKeyは、クーポン券と一緒に車の中に入れるので、普段から一緒に持つ必要はありません。

すぐに手間暇分は元が取れますし、1年も使えば3000円相当特になります。

※私の場合の試算

エネオスカードを使えば、もっとお得な気もしましたが、カードを必要以上に増やしたくないことから、今回は見送りました。

 

 

デバック用: FB:0 TW:2 Po:0 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加