わずか2クリック!Macの画面をFire TV 4Kを使ってテレビに出力する

Apple TVがあれば、簡単にMacやiPhoneの画面を出力できます。

しかし、64GB版で23,544円(税込)と高くて躊躇します。

そこで今回は、Fire TV 4Kを使ってテレビ出力を実現します。

必要な物(ハードウェア)

出力先

「Fire TV 4K」または「Fire TV Stick」とテレビかディスプレイ。

Fire TV 4Kが、10月1日のAmazonタイムセールにて18時から24時までの限定ながら5,980円と言う低価格でした。

「Fire TV 4K」は、販売中止となっており、12月12日からFire TV Stick 4Kが発売します。

6,980円と安いです。

Fire TV Stickは、定価で4980円です。現在、実施しているタイムセールでさらに安くなることに期待です。

出力元

AirPlayに対応したMac。2011年以降だと対応していることが多いです。

必要な物(ソフトウェア)

AirPlay/DLNA Receiver (PRO) 318円

今回は、「AirPlay/DLNA Receiver (PRO)」を利用しました。

Fire TV 4Kで買うと318円です。

操作方法

今回は、どのくらい簡単かを説明するために、AirPlay/DLNA Receiver (PRO)をインストールしている場合から説明します。

Fire TVの電源をいれておきます。

画面右上のAirPlayのアイコンをクリックし、FireTVをクリックします。

 

たったこれだけで、出力できます。

簡単すぎます。

操作方法:Fire TV 4K:アプリをインストールする

今回は、「AirPlay/DLNA Receiver (PRO)」を利用しました。

最初の一回だけ、AirPlay/DLNA Receiver (PRO)をインストールする必要があります。

AirPlay/DLNA Receiver (PRO)

Fire TV 4Kで買うと318円です。

AirPlay/DLNA Receiver (PRO)

 

Fire TV 4Kの「ホーム」画面から「アプリ」に移動します。

 

マイクボタンを押したままでAir Playと叫びます。

 

AirPlayで検索すると、置くの方にあります。Google Playだと先頭にありますがAmazonだと後ろの方です。

 

AirPlayで決定ボタンを押します。

 

なぜか318円と安いです。自分は、500コインを持っていたので、無料で使えました。

 

なにかのイベントで500コインをもらえたようです。

 

まだ、良く分かっていませんが、ホーム画面のマイアプリ&ゲームで選択できるとのことです。

 

とりあえず、先頭にあるので起動しておきました。

 

お約束のオチ

当初、これならApple TVがいらないとトキメキました。

今後、改善される可能性がありますが、以下がイマイチでした。

  • 初期値が720p
  • 画質が汚い

初期値が720p

初期値は、720p(1280×720 px)です。

設定変更により4K UHDにできます。

下矢印の決定で「AirPin」を起動します。

 

「AirPlay Mirroring Resolution(Experimental)」を選択します。

尚、Experimentalとは、実験的という意味です。

 

Ultra High Definiton(4K)を選択します。

 

以上で4Kまで出力できます。私のMac mini 2012ではFull HDでした。

 

画質が汚い

色数が少ないようです。以下のように汚いです。

Fire TVかMacのどちら側の原因なのかを究明したいです。

まとめ:手軽に試したいなら

本格にミラーリングをするならApple TVにするしかないと感じました。

ただ、手軽に試したい方には、有効です。

関連URL

【Fire TV 4K】パソコンやスマホ画面をテレビに表示する

 

デバック用: FB:1 TW:1 Po:3 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加