【Windows編】写真から場所を特定する!画像位置情報取得ツール

2014年は、会津・喜多方のラーメンを食べることがマイブームでした。醤油ラーメンは、落ち着きますね。

ラーメンの写真ばかり、撮っていると、いったい何処で食べたか解らなくなります。

 

そんな時に活用したいのが、写真から場所を特定するソフトです。

場所が特定できる理由

写真ファイルには、EXIF規格があり、そのなかに「GPSに関する付属情報」(通称ジオタグ)があります。

このジオタグは、写真を右クリックして、「プロパティ」を見るだけで確認できます。

20141111r65

 

「詳細」タグをクリック。どの機種で撮影したかがわかります。

 

さらに下にスクロールすると、場所が特定できます。尚、写真からジオタグを消したい場合は、左下の「プロパティや個人情報を削除」から消すこともできます。

この経度や緯度情報を、Googleマップに入力することで検索できるとのことですが、座標を手入力するのは大変です。そこでフリーソフトを使います。

画像位置情報取得ツール

http://www.osadasoft.com/software/getgpsinfo/

尚、セキュリティ的に心配な方は、ウィルスチェックをしているベクターからダウンロードすると良いと思います。

http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/art/se480834.html

適当なところにファイルを保存して、解凍するだけ!

 

ダウンロードしたファイルを、解凍します。

 

解凍したフォルダに移動するため、gg205をダブルクリック。

 

実行ファイル「GetGpsInfo.exe」をダブルクリック

あとは、写真の入っているフォルダーをクリックし、写真を選択します。写真は、ShiftキーやCtrlキーで複数選択して表示することも出来ます。

まとめ:上手く使うと便利

ジオタグは、上手く使うと便利ですが、逆にジオタグを削除し忘れて、自宅で撮影した写真を、掲載すると自宅を特定されて悲惨な状態になります。その点を気を付けて活用しましょう。

私の場合は、撮影した写真を必ずPhotoshopでリサイズしてWeb出力しています。こうすることで、自動的にジオタグが削除されます。

また、ほとんどのSNS・ブログツールは、自動的に削除してくれますが、ごく一部のツールは削除してくれず、大変なことになる可能性があります。

活用する場合は、2重に防御することで未然にトラブルを防ぐことができます。

事前にジオタグを消さないSNSがないか確認することも重要です。

 

余談になりますが、本記事は 2014年11月16日に執筆しました。本日リライトしましたが、いまでもきちんとアップグレードしている画像位置情報取得ツールの作成者に感謝します。

デバック用: FB:1 TW:2 Po:9 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です