※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Windows

Windows 11 23H2 タスクバーを上下左右好きな場所に設置する

2023年12月30日

Windows 11 22H1までは、レジストリを変更することで出来ました。

残念ながらWindows 11 22H2および23H2でも出来なくなりましたが、フリーソフトの「ExplorerPatcher」を使えば今でも出来ます。

動作の安定感は、1年前よりも向上しているように感じました。

以前は英語版だけでしたが、2023年11月に多言語化されました。
※それまでは有志で日本語版が配布されていました

下記動画にてタスクバーを上下左右好きな場所に設置するも含めて説明しています。

インストール方法について

Releases · valinet/ExplorerPatcher』をクリックし、「ep_setup.exe」をダウンロードします。

「開く」をクリックします。

ダウンロード数が少ない場合は、以下の表示がされます。

「ExplorerPatcher」は世界的にも沢山の方が利用しており、オープンソースのため一般的にダウンロードしても良いアプリケーションになりますが、最終的な判断はユーザーの判断になります。マウスカーソルを合わせます。

「保存」をクリックします。

最終確認です。「詳細表示」をクリックします。

「保持する」をクリックし、ダウンロードして実行します。

「ep_setup.exe」をダブルクリックします。特にインストール画面はありません。

設定変更をするには、タスクバーで右クリックして「プロパティ」です。

以下の設定をすることで可能になります。

  • タスクバーのスタイルをWindows 10
  • 画面上のプライマリタスクバーの位置を任意の場所に

タスクバーのスタイルをWindows 10にした関係から、そのままだと古い感じになります。以下の様にすることで古さが無くなります。

  • プライマリタスクバーの位置「スタートボタンと共に中央」
  • プライマリタスクバーのアイコンをまとめる「常時」

タスクバーのスタイルをWindows 10にすると、タスクバーを右クリックすることで「タスクバーを固定する」のチェックを外せるようになります。外すことで、タスクバーをドラックしても上下左右に移動できます。

-Windows