9月27日に発売!マウスの最高峰MX MASTER 3

MX MASTER 3が9月27日に発売します。

MX Keyは、あまり変わらない印象がありましたが、MX MASTER 3は変更がありました。

キーボードに搭載されていたクラフトのホイールがMX MASTER 3に変わった印象です。

そのサムホイールは、Photoshopでのブラシサイズの変更、Webブラウザのタブ間遷移、Excelの横スクロールなど、アプリに応じた機能がが割り当てられています。もちろん変更も可能です。

余談ですが、MX MASTER 2Sの時に手が小さい方には合わないレビューが多数ありました。MX MASTER 3も同様の大きさのため、手が小さめの方は考慮した方が良いです。

変更点

中央のホイール

MX Master 3ではホイールのなかに2つの磁石が入っており、磁石を利用して加速したり減速したりできるので、高速に動作できるとのことです。

サイドのホイール

ラバーではなく、金属製の物になっています。

サイドのボタン

ホイールの右にあったボタンが下になりました。

 

充電ランプの形

3つの数が表示していたのが、色で表現するようになりました。

 

充電は、USB C

キーボードがUSB CでマウスがMicro USBだったのが、新製品は、マウスもUSB Cになりました。

 

設定ツールを使うことでアプリケーションごとに機能の割り当てができる

設定ツールの新機能として、アプリケーションごとにボタンの機能の割り当てを変更できます。

WordとPowerPointで機能を変えたり、サイドホイールにPhotoshopでブラシの大きさを変更する機能に割り当てるなどが可能です。キーボードのクラフトにあった機能が、マウスになったようです。

この機能はMX Master 3以降の製品だけが利用可能で、従来製品では設定ツールをバージョンアップしても利用できない。

マウスの最高峰!ロジクール MX2100sGR

長年、キーボードとマウスは、ロジクールとマイクロソフトを交互に使ってきました。

マイクロソフトのマウスは、残念ながら暫く迷走していて良いものが発売されていません。

マウスごときに9,650円と高価ですが、長く使える装置のため投資する価値はあります。

ソフトウェアをインストールせよ

1990年代からロジクールマウスを使っていましたが、当初はロジクールのソフトウェアがイマイチでした。現在では、とても良くなっています。

Logicool Options』にアクセスします。

Optionsをダウンロードしてインストールするだけです。

 

「デバイスの追加」をクリックします。

 

「UNIFYINGデバイスの追加」をクリックします。

 

マウスの電源をオフにしてオンにすると認識します。

 

細かな設定もできますが、初期値で良いでしょう。

 

フィット感最高

右手専用なだけあってフィットします。

 

画面スクロールが良好

ホイールボタンの手前がモードシフトボタンになっています。

カタカタすると微調整がしやすい上下スクロールモード。

押して、カタカタしなくなると、高速スクロールに向いたモードになります。

初期値で自動的に切り替えくれますので便利です。

 

3台のパソコンまで使える

MX2100sGRの最大のメリットは、3台のパソコンが1台のマウスで済むことです。

まとめ:買う価値あり!長時間作業する人にオススメ

マイクロソフトのマウスに比べると、断然良いです。

長時間作業する人にオススメです。

関連URL

9月27日発売!キーボードの最高峰!Logicool CRAFTから MX Keysへ

デバック用: FB:0 TW:4 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 4  このエントリーをはてなブックマークに追加