MOS

M1 MacでもMOS試験対策

私は、マイクロソフト公認インストラクターであり、元MOS試験管です。

今回の内容は、M1 MacでもMOS試験対策と言うことでIntel MacでもWindowsでも可能です。

動画版作りました。

MOS(Microsoft Office Specialist)とは

MOSとはマイクロソフトオフィススペシャリストの略です。WordやExcelのスキルを証明する資格です。

資格を持っていると就職を有利に進めることが出来ます。

テストの内容は、WordやExcelが使えることを証明する資格だけど、マイクロソフトが知って欲しい機能が出題されている。

MOS専用の勉強が必要です。

誤解の多い資格!MOSの必要性

よくある勘違いや疑問について

就職の有利さ

勘違いしている方が多いのは、MOSを持っているから就職できる物ではありません。

就職の面接でAさんとBさんがいて同じ能力だったら、MOS資格を持っているAさんが採用されるような物です。

MOSは、1週間程度あれば取得できます。履歴書に彩がない方に非常に有効です。

持っているよって、ボソっと言える程度です。

気合の度合いがわかるMOS マスター  or MOS Expert

いい会社に就職できている方を見ると、MOS マスターを取得している方が多いように思います。

余力でサクっと合格できる人が優秀な人なんでしょう。

バージョンはあまり気にしない

素人ほどMOSのバージョンを気にするのですが、就職時の面接官であればバージョンはあまり気にしません。

MOS 2013を持っていてれば8年間使っているベテランと考えて、MOS 2019よりも有利に考える方が普通で、最新にしていなから駄目だと思いません。

MOSの勉強に必要な物

以下の3つが必要です。

  • パソコン
  • 試験のバージョンに合致したバージョン
  • MOS対策本

パソコンがなければレンタルもあるよ

 

試験の申込について

随時試験
⇒毎日実施・最短翌日

全国一斉試験
⇒田舎で独学の場合

試験時間と料金について

50分

一般レベル

一般価格 10,780円(税込)
学割価格 8,580円(税込)

上級レベル

一般価格 12,980円(税込)
学割価格 10,780円(税込)

変な情報につられないように。惑わされないように

変なYouTubeツリ動画に騙されないように!「MOS資格は役に立たない」

過剰な期待は駄目だけど、無駄ではない。

多くの方は本だけで充分。

心配な方は、ユーキャンとか16,000円で充分だと思う。

関連URL

MOS(Microsoft Office Specialist)試験合格のコツ

-MOS

© 2021 PCまなぶ