【レビュー】Macで4K UHD Blu-ray再生・コピー・リッピング

ついにMacでBlu-rayの4K UHD再生ができました。

Macで4K UHDのBlu-rayを再生するには、現在のところDVDFabに頼るしかありません。

必要な物

DVDFabがサポートしているドライブが必要です。私が購入したBlu-rayドライブです。

 

私が使った物。USB2だった(泣)

こっちがもっといいハズ USB3

 

注意!パイオニアは非サポート

DVDFabで4K UHD Blu-ray再生・コピー・リッピングをするには、DVDFabの対応ドライブでないと出来ません。

DVDFab がサポートしている4K UHD ドライブ

 

やっかいなことに、DVDFab がサポートしている4K UHD ドライブを購入したから使えるとは限りません。ファームウェアが該当バージョンでないといけません。

 

そこで、ファームウェアが駄目だった場合には、『DVDFab UHDドライブツール』が必要になります。

 

その双方に対応していて、安くて優れているのがこのドライブです。

 

外付けDVDを購入すれば良いですが、日本で販売しているBlu-rayドライブの中で上記を満たしたドライブは、存在しません。

 

幸い海外だと外付けBlu-rayドライブが販売していますが、1万5千円もするし、無駄にでかい製品です。

そこで、USBに変換することで安価に対応することが可能になります。

 

以上で、ボトルネックになっていたのがBlu-rayドライブの選定が解決できました。

対応しているBlu-rayドライブでないと再生・コピー・リッピングができません。

7,506円と、まあまあ安いです。

 

1,754円安いです。

 

SATAをUSBに変更するアダプターと電源が入っています。

 

ドライブがDVDFabに対応していれば外付けにしても大丈夫

パイオニアのBlu-rayドライブはDVDFabがサポートしていないため駄目でしたが、このドライブなら大丈夫でした。

 

あとは、リッピングしてDVDFab Player 5で再生するだけです。

DVDFab Player 5

 

まとめ:ドライブさえ準備できれば超楽

ドライブの手配が大変ですが、対応したファームウェアのBlu-rayドライブがあれば楽々です。ぜひお試しください。

関連URL

【まとめ】DVDFabを使ってDVD・ブルーレイディスクをコピー・リッピング

 

 

 

デバック用: FB:0 TW:0 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加