待望のMacBook Pro 16インチモデルがAmazonでも販売

噂されていたMacBook Pro 16インチがいよいよ販売されました。

Apple社直販だと定価ですが、こちらはポイント分お得です。カスタマイズ出来ない欠点があるためカスタマイズしない人専用ですね!

個人的には、1TB SSD 32GBが欲しい所

1TB SSD 32GBメモリだと、金額:366,080円(税込)となりますが、以下のスペックであれば納得できる所です。

第9世代の2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ

32GB 2,666MHz DDR4メモリ

AMD Radeon Pro 5500M(4GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)

1TB SSDストレージ

True Toneを採用した16インチ(3072 × 1920)Retinaディスプレイ

Thunderbolt 3ポート x 4

Touch BarとTouch ID

バックライトキーボード - 日本語(JIS)

MacBook Pro 16のディスプレイが優秀

MacBook Pro 16インチの好きな所と言えば、ディスプレイです。

Macは、3072 × 1920です。16:10の比率です。Windowsやテレビで一般的な16:9だと、余計な空間がモニターの下にあってダサダサです。

しかもP3対応で発色が綺麗です。仕様に何%か書いてありませんが、おそらく98%以上でしょう。500ニトの明るさも素晴らしいです。

ベゼルが少ないのも今時で良いです。ベゼルに関しては前モデルまで広く他社に比べて劣っていましたが、やっと追いつきました。

音も素晴らしい

6スピーカーサウンドシステムで、ノートブックの中でトップクラスとのことです。

大幅に良くなっているとのことです。

CPUが優秀

i9-9880H TDP 45Wです。

2.30 GHz Max Turbo Frequency 4.80 GHz

45W以下の制限があるノートパソコンでは最強です。

 

私が使っているMac mini 2018は、TDPが65Wのため、6コアながらベースクロックが 3.2GHzです。

出先では、モバイルモニターを使ってノートパソコンのように使っているので、私の使っているMac miniと比べて、それほど魅力的に感じませんでした。

それよりMac mini 2019を出してくれ!

物理ESCキーがある

物理ESCキーが復活したのは嬉しいです。

Macbookが嫌いな理由としてTouch Barであることです。使ったことがないけど、良い噂を聞かないです。出来の悪い超小型のタッチモニターだと思っています。

出来の悪いタッチモニターを搭載して、必須のファンクションキーがないのは、論外だと思って私は、Mac miniにしています。

グラフィックカードが優秀

1万円を追加することでAMD Radeon Pro 5500M 8GBを選択できます。

 

CPUに内蔵のiGPUを使うこともできますが、AMD Radeon Pro 5500Mが内蔵しているため、通常はdGPUになります。

 

PCI-Eによって接続されています。今回は、dGPUを使うことになります。Pro Display XDRを2台つなぐことができそうです。

 

外付けのeGPUができます。ただ、AMD Radeon Pro 5500M 8GBでも8割の性能ができることから、わざわざわeGPUを使う人は少ないでしょう。

 

dGPUの種類について

  • AMD Radeon Pro 5500M 4GB
  • AMD Radeon Pro 5500M 8GB

価格差が1万円であることから8GBを狙いたい所です。

8GBを使えば、Pro Display XDRを2台つなげることができます。ただ、55万円もするXDRモニターを2台つなげる人は稀でしょう。

私のMac mini 2018は、iGPUを使って3台の4K HDRディスプレイとつなげていますが、iGPUであっても不自由なことは全くありません。

素直に接続するなら4Kモニター2台。多くて3台が素直な使い方です。高価で中途半端な6Kを選択する理由は少ないでしょう。

詳しくは『Mac mini 2018とMacBook Pro 16インチに最適なモニター』を参照ください。

排熱処理が高効率化

28% 空気の流れが増加し、35%大きくなったヒートシンクが搭載されたことにより、今まで以上に効率的に冷却ができます。

 

MacBook Pro 16インチはマイナーチェンジ

ディスプレイが大きくなって、フルモデルチェンジと感じる方もいます。

私の個人的な意見では、キーボードは元の構造に戻っただけだし、マザーボードも大きな変化はありません。

マイナーチェンジだと思っています。

フルモデルチェンジを狙うのは、安定しない時もありますが、マイナーチェンジのため動作も安定していると思っています。よって買い時ではないでしょうか。

まとめ:価格はそのままに高性能化

16インチになったことで、さらなる高価格も懸念されていましたが、要らぬ心配でした。

お買い得度は高いと思います。

興味のある方は、ポチりましょう。

私は、Mac mini 2018で満足しているし、性能差もあまりないので、そのまま使います。

関連URL

Mac mini 2018とMacBook Pro 16インチに最適なモニター』について

 

 

 

 

 

デバック用: FB:0 TW:3 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 3  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です