※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ASUS

ROG Allyあると便利な物 10選

2023年7月12日

ついに100W給電のポータブルゲーミングPC用ドックが登場

US3C-GCHD/HN

  • 100W PD給電対応ドック
  • 4K/60Hz またはフル HD 240Hzが可能
  • 価格は7,980円
  • 発売は、三月下旬

ROG Ally本体はこちら『ASUS ROG Allyを安く買う!30日間返品保証で4,193円お得

急遽追加1:外付けSSD

とても収まりが良いです。47.7gしかないので使っていても違和感が少ないです。

同じ価格のMicroSDのUHS-Iより2倍の容量があり5倍以上速いです。
同じ価格のMicroSDのUHS-IIより8倍の容量があり2倍以上速いです。

ROG Allyで外付SSDを使う SSDとMicroSDのいいとこどり

急遽追加2:65W出力 モバイルバッテリー

65W出力で最速充電が出来ます。ROG Allyの容量は、10000mAhです。

以下の表から判断できるようにAnkerを買う理由は、全くありません。赤字は、優れいてるぞの印です。

CIOとUGREENのモバイルバッテリーを購入しました。別途、報告します。

AnkerCIOUGREEN
容量24000mAh20000mAh25000mAh
出力65W65W100W
入力35W65W65W
重量500g410g505g
価格11490円9680円11,033円
オススメ度×

最大140W PD出力。プライム限定セール対応で激安。19,990円⇒14,990円

急遽追加3 ワットチェッカー

何ワット電流が流れているかチェックしたいことが多々あります。大きく分けて3タイプあるのでお好きなものをどうぞ。

↓これが圧倒的に評価が高い。私も持っています。

私は4つ持っていて問題がなかったのですが、耐久性に問題があるようです。

↓端子の耐久性に問題があるようです。これだけ持っていない。

急遽追加4 ケーブルチェッカー

本製品があれば、USB2 or USB3。100W給電 or 60W給電かがすぐにわかります。

Bit Trade One
¥6,028 (2024/06/17 10:47:32時点 Amazon調べ-詳細)

①ドッキング ステーション

Syntech ドッキング ステーションだと、ターボモードが25Wに制限されます。30Wに比べて若干性能が下がります。『Yottamaster USB C ハブ』ならターボ時に30Wになります。
6月18日13時30分追記

元々は、Steam Deck用ですがROG Allyにもフィットします。とてもいい感じ。PD 100Wに対応しています。

  • USB-A 3.0(5Gbps) X 3
  • USB-C PD給電用(100W対応)
  • HDMI 2.0
  • 有線LAN
Syntech ドッキング ステーションは、Steam Deckアクセサリと互換性があります。HDMI 2.04K@60Hzを備えた6-in-1 ドック、ギガビット イーサネット、USB-A 3.0 X3、USB-CPD 充電、安定性を強化するためのラウンドベースデザインです
Syntech

Syntech ドッキング ステーションだとダーボが25Wになってしまう。Yottamaster USB C ハブならきちんとターボ時に30Wです。

空気孔をふさがないので優秀です。

存在を忘れてしまうくらい小さな出っ張りしかないのも魅力です。

ホスト側がUSBの取り外しができると便利です。

写真だけFor ASUS Rog Allyドックな製品

タイムセールで安い。おそらく充電時TDP 30W動作は厳しい感じがします。

上と比べると足の向きが逆向き(外向き)です。レビューも製品とアンマッチだし怪しい。

②Xbox ワイヤレス コントローラー

最近のWindowsゲームコントローラーは、DirectInputからXInputに変わりました。

従来のゲームコントローラーは、DirectInput形式のPS4やSwitch コントローラーが使えましたが、今ではWindowsやゲーム側で設定が必要です。

XInput対応のコントローラーなら、設定変更なしに接続するだけでゲームを行うことができます。

DirectInputとXInputの両方に対応したコントローラーもあります。XInputのいいコントローラーは純正しか見当たりませんでした。

電池で充電不可の安っぽいコントローラー。入門としては十分。

安っぽいのが嫌なら以下の一択。

Xbox Elite ワイヤレス コントローラー Series 2 Core Editionは、上記の「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2」から背面パドル・充電ドックなど、いくつかの付属品が省略されています。以下のコンプリートコンポーネントパックを付属することで、同じ装備にできます。白色はCore Editionにしか存在しないため、白色を選びたい方は、「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー Series 2 Core Edition (ホワイト) + コンプリートコンポーネントパック」がオススメ

有線になりますが、とてもかっこいいです。2023年6月23日(金)発売です。無線(XBoxコントローラー)に比べて63g程度軽く混信の心配がなく遅延がないです。

公式HP ROG Raikiri

③スマホ スタンド

スタンドがあれば、高さや角度調整ができるので便利。「①Syntech ドッキング ステーション」と一緒に使った例です。

残念ながら僅かに空気孔がふさがります。

背中と本体の間に隙間ができるように、ゴムを貼ると良さげです。空気の通りを改善できます。

動画で使った製品。ちょっと高すぎる。

この価格ならいいですね!

下のホールド部分に「ひっつき虫」を使うと安定します。いろんな用途に使えるので持っていると便利。

④キーボード & マウス

3台まで切り替えることができます。

とても入力がしやすく、横幅がROG Allyとベストマッチです。

セット販売だと気持ちだけ安く買えます。

Bluetoothで3台まで接続できます。

下のマウスは、レシーバー か Bluetooth1台だけです。

戻る・進むボタンと真ん中にファンクションキーがあります。しかも3台まで接続できて、大きさもLサイズとM・Sサイズの2種類があります。

⑤100W PD充電器

本体添付の65W電源も良いですが、100W PD充電器があると便利です。
※100W給電でないとCPUのTDPが30Wにならないのでご注意ください。
 ASUS純正の充電器だけはなぜか65WでもTDP 30Wで動きます。

オススメ代替は、以下の製品。黒と白色があります。

今は、CIOとUGREENを愛用していますが、在庫がない状態(´;ω;`)

ROG Gaming Charger Dock

ROG Gaming Charger Dockは、HDMIポートとUSB Type-CポートとUSB Type-Aポートを備えた、インターフェース機能搭載の急速充電対応USB ACアダプターです。ROG Allyを充電しつつ、ROG Allyに画面出力機能と周辺機器接続機能を追加できます。

後述の製品と違ってお高いのは、Type-Cが10Gbpsタイプだからです。このためモニターも4K 60Hz出力ができます。

2023年6月30日発売

9,980円(税込)

ROG Gaming Charger Dock

ASUS
¥9,727 (2024/06/17 09:14:17時点 Amazon調べ-詳細)

⑥100W対応のType-Cケーブル

100W対応のType-Cケーブルも必要です。Type-Cハブやドックへの電源供給に使います。

SSD交換による増量 VS microSDカード

これからSSDとmicroSDカードを紹介します。

それぞれのデメリット・メリットをまとめると以下のようになります。

SSD交換microSDカード
UHS-I
microSDカード
UHS-II
スピード4,500MB/s190MB/s
DDR200非対応のため
95MB/sに
250MB/s
保証本体の保証が無くなる影響なし影響なし
価格1TBあたり1.6万円程度1TBあたり1.5万円程度256GBあたり
1.4万円程度
使い勝手Cドライブのみ
簡単
C(SSD)
Dドライブ(microSDカード)
Dへの配分が手間
C(SSD)
Dドライブ(microSDカード)
Dへの配分が手間
難易度難しい簡単簡単
最大容量2TB1TB256GB

※最大容量・スピード・価格は現在販売されている製品から算出。将来変わる可能性あり

⑦SSD(笑)

ROG AllyのSSDは、512GBと少なめです。必要に応じて1TBや2TBにしてください。

ASUS ROG Ally SSDを交換し2TB / 1TBにする

大手ジョーシンと、半導体最大手マイクロンの安心感は、半端ない。しかも安い。

Micron(マイクロン) Micron Gen4x4 M.2 2230 PCIe NVMe 30mm SSD 2.0TB【Surface Pro動作確認済み】 Micron 2400 MTFDKBK2T0QFM

Amazonだと、Micron SSDの販売がありません。2TB版がお安くなりました。クローンソフトもあるのでオススメです。

SN740 M.2 2230は、信頼できるけど、販売店の実績は、ジョーシンに比べると少ない。こちらもクローンソフトが付属しています。

⑧MicroSDカード

UHS-Iカードで100MB/sを超えるには、UHS-I DDR200対応のリーダーである必要があります。ROG Ally本体のmicroSDカードリーダーはUHS-II対応ですが、UHS-I DDR200非対応であるためUHS-Iカードだと速度が出ません。

ASUS ROG Ally microSDカードで容量を1TB 増やす

DDR200対応リーダーを使うと速度がでます。

別途、DDR200対応リーダーを買いました。このためだけに痛い出費でした。

UHS-II 256GB MicroSDがお高いですが、250MB / sが出て良いと思う。

いつでもCドライブとDドライブの移動ができるので、UHS-IIもう少し待ちだと思う。

⑨ASUS ROG Ally 収納バッグやキャリアバック続々登場

ROG Ally Travel Caseが無料でもらえるイベント』は終了しました。

もちろん購入することもできます。定価は、3,980円です。

ASUS
¥3,982 (2024/06/17 10:47:41時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonで定価で注文することは出来ます。納期は未定です。

いろんな種類がありますので[Amazonで探す]をクリックしてくださいね!

ショルダーバックの方が便利かも。

⑩モバイルモニター

120Hz対応がもっと良いですが、60Hzでも十分に楽しめます。Full HDが良いでしょう。

24インチモバイルモニター(爆)

-ASUS
-