MacBook Air 2020が発売!!CPUコア SSD倍増、しかも安くなった

あまりにも安いのでiPad Pro 2020に続いてMacBook Air 2020もポチリました。

PTAに所属していたおかげでMacBook Air 2020も、実質83,380円で購入できます。

 

これから自由で楽しい生活をするならパソコンは必須です。

パソコンは無くてもいいけど、あった方が効率が良いです。スマホ・タブレットだけだと厳しいのが現状です。

学生・PTA役員・学校職員であれば11,000円割引に加えて期限がない18,000円のギフトカードがついてきます。※『Apple Store』のみ対応です。ここでの学生は、大学・専門学校に行くことが決まっている生徒。来年度から社会人になる人も含まれます。

PTAは、幼稚園から大丈夫です。

詳しくは、『PTA役員ならiPad Pro 2020が74,580円』を参照ください。

MacBook Air 2020は安い

MacBook Air 2020なら83,380円で購入できます。

学生・職員・PTAでなければAmazonを検討すると良いです。上位モデルなら7414ptが付与されます。

しかも今ならAmazonセールで5,000PTも付きますね!

MacならWindowsにすることも出来ます。

予算がない方は34,800円のパソコン

Office 2019が入って34,800円です。ただし、メモリ4GB。SSD64GBです。これ以上削れないほどミニマムです。

 

Officeが無くて良いなら8GB。SSD256GB。こちらなら末永く使えます。

MacBook Air 2020の4コアが良い

MacBook Air 2020の下位モデルは、2CPUです。

対して、MacBook Air 2020の上位モデルは、4CPUです。

SSDが256GBから512GBに増えます。

このことも考えても3万円程度の違いなら上位グレードがコスパが良さそうです。

CPUはi5 or i7

i7になっても0.1GHzしか差がありません。コア数も変わらないことから15,000円の差はないと思われます。

余談ですが、ベースクロックは1.1GHzと控えめですが、前モデル1.6GHzよりもベンチマーク性能が高いです。高効率のCPUのようです。

メモリは8GB or 16GB

メモリは8GBあれば動きますが、画像を扱うには、少なめです。

+8GBであれば、原価で+4,323円程度の違いですが、Apple製品は、+2万円とぼったくりです。

学生価格なら+18,000円と2000円安いです。

16GBのメモリの相場は8千円。やっぱりぼったくり。

SSDは512GB or 1TB

1TBであれば +1万円ぐらいが相場です。

しかし +2万円とお高めです。

 

まとめ:ベースは安い!オプションで高くなるMacBook Air

同じオプションでも、MacBook Air 2019に比べると大幅に安くなっています。

今回は、素の状態のコストパフォーマンスが高く、オプションは割高ぐらいと思うと良いでしょう。

オプションは割高だけど、同構成のMacBook Air 2019に比べると安いです!

関連URL

Mac mini 2020がマイナーチェンジして発売しました

デバック用: FB:0 TW:2 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加