その他

ハイエンド mini-ITXケース Pan Slimが楽しみ

RTX 3080からRTX 2080に比べて3スロット必要になり3スロットのみとなった関係からハイエンド mini-ITXケースが不在の状態でした。

いよいよ本命とも思えるハイエンド mini-ITXケース Pan Slimが発表されましたので紹介します。

そもそもハイエンド mini-ITXケースとは

高性能なmini-ITXと言うことで2020年末から以下のようになることでしょう。

以下を実現できるケースです。

  • Ryzen 7 5800X以上を搭載
  • RTX 3080以上を搭載
  • 電源は750W以上を搭載

ほとんど存在しないハイエンド mini-ITXケース

私が期待していたのは、『ハイエンドMini-ITXケース Jonsplus i 100 Pro』です。

しかし、今だに販売が未定です。

 

オープンフレームなのでケースとは違いますが、好きです。写真はRTX 3070ですが3090も可能です。

構成について、詳しくは『Noctua NH-D15 chromax.black レビュー』をご覧ください。

 

本題:ハイエンド mini-ITXケース Pan Slim

以下のようになっていますのでRTX3090まで入りそうです。

定評のあるRaiJintekのため期待ができます。

  • 水冷ユニット:240cmm
  • 電源ユニット:SFX電源ユニット
  • グラフィックスカード:最大340mm

公式:プロモーション動画

 

ケースの色は3色あります。

 

シルバー

 

黒。どれも良い色なので迷います。

 

3.5インチ HDDを2台 + 上に2.5インチ HDDを1台搭載可能です。

 

2.5インチは、右側に3台。合計4台までインストール可能です。

 

上面の風穴が小さいように感じますが、底面は十分です。

 

まとめ:ハイエンド mini-ITXケースの本命Pan Slim

今回は、信頼できるメーカーのため期待できそうです。

発売したら作ってみたいです。

 

-その他

© 2021 PCまなぶ