レビュー 第3世代Ryzen用マザーボード X570 Mini ITX GIGABYTE I AORUS PRO WIFI

今年の後半は、Ryzenの年になりそうです。

PC Watchが封じています。

第3世代Ryzenが驚異的性能でIntelを圧倒。Ryzen 9 3900X/Ryzen 7 3700Xレビュー

今年度は、IntelのデスクトップCPUが発売しないことから、AMDの勝利と言えるでしょう。今回は、マザーボードを主軸に説明します。

Mini ITXならX570 I AORUS PRO WIFI で決まり

ATXのマザーボードなら、各社から発売しているので迷いますが、Mini ITXは、少ないです。

17cm × 17cmに、いろんな機能が詰まっています。

ディスプレイ出力も3ポートあり、USB 3.1が2ポート Wi-Fi 6と豊富です。

※ディスプレイ出力できるのはG系のCPUだけです。

CPUのステップ

以下の順番で攻めることになります。

Ryzen 3 3200G 12,873円

GPU内臓。安価なセットならこれ!将来は最強も狙える

Ryzen 5 3600X 31,891円

Intel i5超えならこれ!

Ryzen 7 3700X 42,984円

Intel i7超えならこれ!

Ryzen 9 3900X 64,584円

Intel i9超えならこれ!

Ryzen 9 3950X 8万円⁉️

価格不明。8万円かな?

 

NVMe Gen4 M.2との相性も抜群

最速のNVMe Gen4 M.2もGIGABYTEから発売しているので愛称は、抜群です。

詳しくは、『レビュー&悲報 読込速度5,014MB/s NVMe Gen4 M.2 GIGABYTE AORUS 1TB』を参照してください。

 

MVNe可能なM.2インターフェースが表と裏に

裏にもMVNe可能なM.2インターフェースがあります。

まとめ:ステップアップのベースとして

X570 I AORUS PRO WIFIの最大の欠点は価格です。8コア〜16コアの高性能マシンを作るには良いですが、GPU内臓のCPUとはバランスが悪いです。

16コアを目指すにはカナメとなるパーツです。

効果でも、一つ持っていると安心です。

関連URL

いよいよ発売!第3世代Ryzen 9 3900Xの登場によりCPUが買い時

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加