天気のいい日は星空を撮影しよう!Nikon D5300

難しいと思っていた『花火撮影』・『夜景撮影』も、意外に簡単にできました。

今度は、星空撮影にチャレンジです。

天気のいい日という条件さえクリアしていれば、簡単です。

画像をクリックすると高解像度になります。

20160829r42

必要な物

一眼カメラ(標準のレンズでOK)
三脚(レビュー記事 『三脚と言えばVelbon(ベルボン) EX-440』)

5万円で買えるの超オススメです。最新の機種と画質はほぼ同じ。

事前準備

  • 一眼カメラ
  • レンズ(標準でもOK)
  • 三脚
  • リモートコード

設定

  • マニュアルモード
  • 露出時間:5秒
  • ISO:800
  • 絞り:F1.8
  • ホワイトバランス:電球色
  • 露出補正:0EV
  • 撮影モード:背景

マニュアルモードに設定

星空撮影は、マニュアルモードが基本です。ダイヤルをマニュアルにしましょう。

絞り値は、最小 1.8F~3.5F

標準のレンズでも十分に綺麗に撮影できます。開放の方が綺麗に撮影できるので最小値にします。

必須知識です。やり方は、次の行

20140813r389

赤枠のボタンを押したまま

20140813r390

ダイヤルを回すとFの値が変わります。

20140813r391

ホワイトバランスは電球

ホワイトバランスは電球にします。電球モードにすると青みが強くなります。ISOと同様の操作

20140813r396

右を数回押して電球マーク。写真は、太陽ですが電球が正解。

20140813r397

 

ISO感度は100 か 200。必要に応じて上げる

以下の順番で操作。「i」を押して、右矢印を何回か押してISOに合わせOKボタン

20140813r394

200か100に合わせてOKボタン

20140813r395

シャッター速度は、15秒から前後させる

シャッター速度は、その時の明るさやレンズ・設定の状況により変わります。15秒で撮影し明るすぎれば、小さく。暗すぎれば大きくしましょう。

20140813r392

ダイヤルを回すと変わりますね。絞り値とは違ってダイヤルだけ回します。他のボタンは押さない。

20140813r393

ピントは、マニュアルに!

執筆中です。明日の未明に公開します。

上を向いて撮影しよう

執筆中です。明日の未明に公開します。

いよいよ撮影

明るさの微調整がありますので、何回かチャレンジして合わせてください。

画像をクリックすると高解像度になります。

20160829r46

まとめ:星空も慣れれば簡単

星空撮影を楽しむと、カメラの楽しさが倍増します。ぜひチャレンジしてください。

リモートコードは、手振れを防ぐために必須です。購入しておきましょう。

Nikon D5300:三脚と一緒に絶対に買うべき!リモートコード MC-DC2

201408469

デバック用: FB:4 TW:0 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 0  このエントリーをはてなブックマークに追加