最強の本気パソコンを自作⁉AMD Ryzen 9 3950X 16コア 32コア 16スレッド

2020年1月5日にAMD Ryzen 9 3950Xで自作し新たにZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 SUPER AMPを投入しました。

 

当初、派手なLEDは不要と思っていましたが、ないと寂しいくて以下のLEDで落ち着きました。

  • ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 SUPER AMPの青のZOTAC GAMINGロゴ
  • NZXT Kraken X62
    ※今なら後継のNZXT Kraken X63
  • Trident Z Neo 2枚
    ※意外にも2枚で十分じゃない?

この高性能なパソコンを動画編集ソフト カムタジアの動画書き出しに使っています。

4K動画だと、75%~80%の負荷で全CPUを使ってくれます。

GPUも程よく使っています。CPUファンは終始静かなままです。

 

うれしいことに比較的短い時間ではありますが、GPU負荷が99%になります。

GeForce RTX 2080 SUPERだったらどうなるのか気になるところでもあります。

 

動画版を作りました。良かったらご覧ください。

 

Mini ITXでAMD Ryzen 9 3950Xを作る予定でした。残るはCPUだけという状態までにしました。

しかし、AMDでは28cm以上の水冷を推奨していてMini ITXで搭載できる最大水冷は24cmであることからMini ITXケースでのAMD Ryzen 9 3950Xの利用は、断念することになりました。

AMD Ryzen 9 3950XのTDPを65Wに抑制するエコモードによる利用が残されてはいます。

現在、3600Xを使ってメインパソコンで使っています。比較的静穏で良好です。

今回は3本柱で自作

「最強の本気パソコンを自作するAMD Ryzen 9 3950X 16コア 32コア 16スレッド」(今回)

最強の超小型パソコンを自作するCorei9-9900 8コア 16スレッド 高さ65mm

長尾製作所 ver.mini-ITXで12コアの最強パソコンを作る

 

CPU:AMD Ryzen 9 3950X 98,780円(定価)

私を含むほとんどの方が16コアは、オーバースペックとなるでしょう。しかし、男の浪漫として16コアは、無駄だとわかっていても投資する必要があります。

検索キーワードは3950Xにしています。下の「Amazon」・「楽天」・「Yahoo」をクリックして、確認してみましょう。過不足なく売られています。

CPUクーラー:NZXT Kraken X63

今回の要(かなめ)になるかもしれません。28cm以上の水冷をとのことで、一番人気の高いCPUクーラーを選定しました。

14cmのファンと12cmのファンであれば、14cmが有利です。静音面で3つファンよりも2つのファンの方が有利です。

以上のことから、14cm×2が適切と判断しました。ちなみに14cm×3 が存在しないため、28cm以上となると14cm × 2か12cm × 3の2選になります。

詳しくは、『Ryzen 9 3950Xに最適なCPUクーラー(水冷クーラー)について』を参照ください。

1番人気 NZXT Kraken X63が有力です。

ラジエーターサイズ : 315 x 143 x 30 (mm)
ファンサイズ:140mm x2

PCケース:長尾製作所 N-FRAME-ATX オープンフレーム ver.ATX

H510 Eliteもよかったのですが、オープンフレームがマイブームです。

長尾製作所 N-FRAME-ATX オープンフレーム ver.ATXで16コアの最強パソコン

PCケース:H510 Elite(サブ候補)

今回の要はCPUクーラーであることを記載しました。CPUクーラーがNZXT Kraken X62となると相性が良いのもNZXTです。

PCケースは、高性能化に伴い比較的小さくて良いと思っています。

今のタイミングでKraken X62とベストな組み合わせは、H510 Eliteです。

新たなトレンドとして白色が人気です。

マザーボード:MSI MEG X570 UNIFY

今、一番売れているマザーボードです。2019年11月15日発売と比較的新しいです。

ASUS ROG STRIX X570-E GAMING(サブ候補)

X570もちょっと見ない間にお安くなりました。しかも、ほとんどが3950X対応です。無線・Bluetoothは欲しいのでASUS ROG STRIX X570-E GAMINGになるでしょう。

メモリ:F4-3600C16Q-32GTZNC

3600MHzだと思っています。3600MHzだとコスト面からDDR4-3600 CL16 16-19-19-39で十分だと思っています。

F4-3600C16Q-32GTZNCが良いです。

M.2:M.2 2280 NVMe PCI-E Gen.4

M.2 2280 NVMe PCI-E Gen.4以外はありえないでしょう。

1TBで2万円です。

電源:Corsair RM650x

電源容量計算(電源電卓)電源の選び方|ドスパラ通販【公式】』にて計算しましょう。

650Wあれば良さそうです。

Corsair RM650xが安定しているところです。

グラフィックボード:ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 SUPER AMP

短い方は色が気に入らなくて、長いこの製品になりました。

 

背中も美しいです。私は、見た目から入るので、とても重要です。

 

グラフィックボード:GeForce GTX 1660 Ti(サブ候補)

用途によって変わるところです。私の用途ならGeForce GTX 1660 SUPER Twin Fanで十分です。

色々調べた所、ゲーマーもGeForce GTX 1660 SUPERで良さそうです。

私は、価格が変わらなかったのでGTX 1660 Tiにしました。Tiの方がSUPERより性能が上です。

レビュー ZOTAC GTX1660 Ti

合計金額は271,447円

全部合計したら、271,447円になりました。1年前に購入したMac mini 2018に比べたら随分安い(汗)

Macbook 16インチと比べても価格が同等で性能が倍ぐらいあるので、こちらが良いと思っています。そもそも比べるのも変ですが...

種別 機種 価格
CPU AMD Ryzen 9 3950X 98,780円
CPUクーラー Kraken X62 17,354円
PCケース H510 Elite 16,527円
マザーボード STRIX X570-E 40,200円
メモリ F4-3600C16Q-32GTZNC 30,590円
M.2 NVMe PCI-E Gen.4 1TB 20,680円
電源 Corsair RM650x 13,867円
グラフィックボード GTX 1660 SUPER 33,449円
合計 271,447円

OSも忘れずに

使い回しができるので、1つ正規ライセンスを持っていると安心です。Windows 7のライセンスを今でも大切に使っています。

 

Windows 10は裏技で無料で使うことも可能です。

まとめ:全て揃えると、とても高価。大切に使うベシ

お金の使い方は、3つに分けることができます。有能な投資家であれば、高価な買い物でも自分に戻ってきます。

ぜひ、投資になるようにゲットしましょう!

消費 生活に必要なお金

浪費 無駄な出費。使っても将来の自分に帰ってこない。

投資 将来の自分のための出費。もっと大きくなって戻ってくるかも。

デバック用: FB:0 TW:6 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 6  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です