Windows 4K UHDディスクの再生に最適なBlu-rayドライブについて

4K UHDディスクをパソコンで再生するために

当初、パイオニアのドライブと付属しているPowerDVDで出来ると思っていました。

しかし、外付GPUが駄目なこと。第7世代以降のIntel CPUしか駄目なこと。

ならば、第8世代Intel CPU・内臓GPUを使っているMac mini 2018ならば、Windows起動で出来ると思ったらSGXが無効のため、パイオニアのドライブとMacでは不可能なことがわかりました。

総額30万円かけても無駄でしたorz

出来ると言いつつも、制限が多すぎるパイオニアのドライブ

DVDFab Player 5をって4K UHDディスクを楽々再生

別の方法を探したところ、DVDFab Player 5なら可能であることがわかりました。

DVDFabも一つだけ欠点があってDVDFabが対応したドライブとファームウェアが必要です。

ファームウェアを適用したドライブさえあれば、今までの悩みが嘘のように解決できました。

DVDFab Player 5は、無料で30日間試すことができますので、お試しください。

DVDFab プレーヤー 5 』からインストールしてください。

 

Blu-rayドライブを手に入れるまでは簡単

DVDFab Player 5が対応しているドライブを探す必要があります。以外にも購入したバイオニアは駄目です。orz

色々探しましたが、以下のドライブがベストです。

7,229円です。ドライブ自身はUHD対応ドライブではありませんが、DVDFabがフレンドリードライブとしてサポートしています。

ファームウェアが1.00である必要があります。

購入するととファームウェアが1.01のためファームウェアをダウングレードしないと使えません。

 

USB変換コネクタがあればノートパソコン・Macでも使える

変換コネクタがあれば、内臓ドライブを搭載できないパソコンでも使えます。

Macでも4K UHDディスクを再生できました。※現在、Windows起動が必要。近日中にMacも対応

 

BH14NS58を買うがファームウェアが駄目

BH14NS58を使て4K UHDディスクを読もうとしても全くダメでした。

DVDFab UHDドライブツール』を使って確認したところ、BH14NS58のファームウェアが1.01でした。

DVDfabが対応しているのは、1.00です。

 

ファームウェアのダウングレードが超大変

DVDFab UHDドライブツール』で実現します。

私のようなマニアしか対応できないくらいシビアです。

IDEモードで接続しないとダウングレードできません。

今時のパソコンの多くは、IDEモードが使えません。

古いパソコンを探す作業が必要です。

私が調べたところ、Intel第6世代は駄目。Intel第4世代は大丈夫なことでした。

詳しくは、『【レビュー】DVDFab UHDドライブツール』を参照ください。

 

ダウングレードするにはIDEにする必要がある

ファームウェアをダウングレードするには、AHCIモードからIDEに変える必要があります。かなり難易度が高いです。

我が家では、4台あるパソコンの中でIDEに出来たのは、FMV F52RWの一台だけでした。

他のマシンは、新しすぎてBIOSでIDEにすることが出来ません。

負担使っているパソコンを何度もIDE化したくないため、別途専用マシンを3,500円で自作しました。詳しくは、『DVDFab UHDドライブツール専用の超小型パソコンを自作』を参照ください。

 

あとあと4,000円を投資してIDE専用のパソコンを作りました。

DVDFab UHDドライブツール専用の超小型パソコンを自作

 

なんとか苦労を重ねてIDEに切り替えて、ダウングレードしました。

 

無事にダウングレードできたことが確認できました。

 

以上で、4K UHDの再生ができるようになりました。

まとめ:4K UHD再生ができるドライブを準備しよう

4K UHDの再生をするには、以下の2つ必要不可欠です。」

ファームウェアをダウングレードしたドライブさえ準備できれば、楽々です。わかりやすく説明しましたので、ぜひお楽しみください。

関連URL

【Windows 10】簡単にIDE⇔AHCIを切り替える方法

DVDFab UHDドライブツール専用の超小型パソコンを自作

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加