TR6とT6ドライバーの違いと入手方法について

Mac mini 2018の蓋を開けるときにTR6 Torxドライバーが必要になります。

赤:大きいネジ 青:小さいネジ

今回は、似て非なるT6 Torxドライバーとの違いについて執筆します。

Torx(トルクス)とは

トルクスとは、1967年にアメリカ合衆国のテキストロン・カムカー社 (CAMCAR DIVISION OF TEXTRON Fastening System Inc.) が開発した六角星型のねじ頭の規格のことです。

T6 Torxとは

六角星型です。

 

大きく図にするとこんな感じです。

TR6 Torxとは

真ん中にてっぱりがあります。

このため、ドライバー側も穴が空いていないと、使えないことになります。

冒頭にあった赤:大きいネジ 青:小さいネジの拡大図です。

 

大きく図にするとこんな感じです。

ドライバー側は、こんな感じです。穴が空いています。

 

対してT6のドライバは、こんな感じです。

結論:TR6ドライバーは、T6ドライバーになる

TR6ドライバーは、T6ドライバーになります。

しかし、T6ドライバーはTR6ドライバーとして使えません。

 

まとめ:日本ではTR6がない。セットで買おう!

TR6とT6の違いについて記載しました。

残念ながらTR6 Torx ドライバーの単体販売が日本だとありません。

Ifixit Essential Electronics Toolkitを買うと、TR6 Torx ドライバーを含むMacのメンテナンスに必要な道具が全て揃っています。

Mac mini 2014や2018の蓋を開けるためのヘラもついているし、磁石でネジがくっつくので、本体をいじるには最適です。

興味のある方は、購入してチャレンジしてください。

Mac mini 2018に必要な道具について

  • TR6 Torx Security Screwdriver
  • T5 Torx Screwdriver
  • T10 Torx Screwdriver

関連URL

Ifixit Essential Electronics Toolkitを使って見る

デバック用: FB:3 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加