Windows

レビュー WD Black SN750 NVMe SSD ヒートシンク搭載モデル

2021年4月4日

動画撮影のため、Western Digital製のSSDを使ってクローンを作りました。

クローン作成に使った本体は、X400です。

激安つよつよ極小のRyzen 5 4650G!Minisforum DeskMini X400

 

WD Black SN750 NVMe SSD ヒートシンク搭載モデルを選んだ一番の理由は、見た目です。

 

こんな感じです。

 

圧倒的な低さ!高さにについて

とても薄いです。WD Black SN750は、5mmで最も低いです。底面から8mmでした。

ノギスで計測したので正確な値です。

他のヒートシンクは、以下をご覧ください。

ハイエンドSSDにはヒートシンクが必須!ASRock DeskMini X300

①5.64mm
②9.94mm
③9.75mm
④15.84mm(底面から20.76mm)

ヒートシンクの性能ついて

意図的に負荷をかけて発熱させてみました。最高でも55℃と超優秀です。

 

(ご参考)X400に付属のSSDです。良くもないけど悪くはないです。

 

SSDの性能ついて

シーケンシャルは、ハイエンドSSDらしい性能です。ランダム性能がX400付属のSSDに負けています。

 

ランダム性能が優秀でした。さすがキングストン。付属でこの性能なら素晴らしいです。

 

付属の無料ソフトでクローンも超簡単

動画にしました。

ブログ版:無料でSSDのクローン作成!Crucial ・Western Digital・SanDisk・KIOXIAなら超楽

 

まとめ:ヒートシンク付の中ではイチオシ

デザインの良さとコンパクトさから、イチオシとも言えるWD Black SN750 NVMe SSD ヒートシンク搭載モデルです。

ただ、ヒートシンク無しだと、競合他社が多いため、どこでもいいかなと思ってしまいます。

ご参考:ヒートシンクなしの競合他社について

ハイエンドモデル

8,364円。書き込み速度は、こっちが上です。ランダムの性能の対決をしたいですね。しばしお待ちを。

9,788円 割高なイメージです。

 

-Windows

© 2021 PCまなぶ