Windows

いよいよパソコンが買い時に⁉価格相場を見る

Windows 11対応パソコンにすることで6割のマルウェア感染を防ぐことができます。今回はCPUを軸に考えます。Spectre/Meltdown対策済のCPUが必要です。

Windows 11の発表によりWindows 11が必要とする環境が分かりました。

GPUについても妥協できるところまで価格が下がってきました。

GPUは、致し方ないところまで安くなった

以下の2種類は、致し方ないところまで価格が下がりました。待てればもう少し待ちですね。

CPUは、買いの状態です。

私なら3080 Tiの実質価格が11万円まで待つな。

パソコン工房』『ソフマップ』『ツクモ』『アーク

 

パソコン工房』『ソフマップ』『ツクモ』『アーク

販売価格 実質価格
3080 Ti 217,980円 171,182円
3070 Ti 116,000円 101,049円

 

CPUは、Intel 第10世代  Core i7-10700Kが36,364円

CPUは、AMD 5000シリーズ。Intel 第11世代ともに適正価格に下がりました。

また、旧CPUは、大幅に安くなっています。

Core i7-10700Kは、36,364円となり買いだと思います。

Intel 第11世代の最上位は性能と価格のバランスが微妙です。

 

3080 Ti・3070 Tiの価格について

ポイントはもう少し上乗せできますが、表示価格による案内です。

 

10万円は切ってほしいですね!こちらも、もう少し実質価格が安くなります。

 

従来のRTX3000シリーズは、当初の価格から2倍になり、現在1.5倍

逆に買い時でないのが、無印3000シリーズです。もう少しまてばさらに安くなるかな。

以下は、3090ですが、1.5倍の価格です。少しは安くなりましたね。
3080も同様に1.5倍ほどです。高騰時の2倍よりはマシですが。
3070も1.5倍ほどの価格で3070Tiとの逆転現象が発生しています。

 

SSDは、最安時より1割増し

高騰も収まり、最安時より1割増し程度になりました。我慢できるくらいでしょう。

3年間でずいぶん安くなりましたね!

 

マザーは、2割増し傾向

マザーボードは、2割ほどお高いです。適正価格に近付いてよかったですね!

 

メモリは、1.5倍ほどお高い

待てる人は、待ちですね。毎日見ていると麻痺しますが、こんなにお高くなっていたんですね!

 

今回の環境について

AMD Ryzen 9 5900Xは、発熱量が少なくNH-D15で十分冷えています。静穏です。

 

まとめ:機会損失しないように買おう

私は、ほしい時が買い時だと思っています。

あと、個人的な話ですが、お安い時に買いだめもしているので、結構、パーツが溜まっています。(笑)

時間は有限です。ほしい時に大いに楽しみましょう。

関連URL

AMD Zen 3 Ryzen5000シリーズの詳細

Ryzen 5000シリーズに最適なCPUクーラーの選び方

Ryzen 第4世代(ZEN3)に最適なメモリは3600MHz CL16

リード最大7,000MB/sの4TBモデル M.2 NVMe!Ryzenに最適なSSD

-Windows

© 2021 PCまなぶ