Z50 正確な時間と場所をJPEGファイルに保存する

特に場所に関しては、セキュリティの関係から気を付ける必要がありますが、JPEG等の写真には、Exifと言って正確な場所・時間を記録する機能があります。

もちろんD780でも使えるテクニックです。

Exif(エグジフ)とは

Exifとは、デジタルカメラで撮影した画像データに、撮影条件に関する情報(メタデータ)を追加して保存できる、画像ファイル形式の規格のことです。

ニコン D5300にGPSの機能がありましたが、いざカメラを使う時にバッテリー切れになり、2度と使わなくなりました。

Z50は、Bluetoothを使ってスマートフォンから時間と場所のデーターを取得するためバッテリーの消費は、ごくわずかです。

操作方法

Nikon SnapBridge』を使ってカメラと接続します。「自動連係」をONにします。

 

私のように写真は転送したくないけど、時刻と位置情報を写真に記録したい人は多いと思います。「自動転送」したくなかったので、この便利な機能があることに気が付くのが遅れました。

まとめ:位置情報を財産とするかリスクとするか

時刻情報の同期は、迷わず実施すべきです。

 

位置情報の同期は、セキュリティを十分に検討してください。

写真に位置情報を掲載することにより、あとから関連する写真を探すことが容易になります。

 

大抵、JPEGファイルをSNSへアップすると、位置情報を削除してくれます。

しかし、ごく一部のSNSやブログツールは、位置情報を削除しません。

このため、部屋で撮影した写真をブログ・SNSへ公開すると、自宅の情報が悪意のある人にわかる可能性があります。

位置情報をJPEGに追記する際には、このリスクを十二分に認識してください。

私は、公開する写真は、Photoshopの「Web用に保存」で対応しています。すると位置情報は削除されます。また、SNS・ブログツールでも削除されるため、2要素で防御しています。

関連URL

【Windows編】写真から場所を特定する!画像位置情報取得ツール

 

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加