Windows

Ryzen 7000シリーズは9月27日発売

2022年8月30日

世界中が待っているRyzen 7000シリーズの発表が8月30日8時にありました。

  • 次世代CPUアーキテクチャ「Zen 4」コアを採用
  • Ryzen 7000シリーズ
  • IPCは13%の改善(1クロック当たりの速度)
    800MHz程度ターボモード時で高いクロックの動作
    合計29%のシングルスロットの改善
  • マルチスレッドは、50%ほど向上
  • Ryzen 5 7600XでもCore i9-12900Kよりも高い性能
    ※根拠はF1 2022のベンチマークの結果ようだ

AMD - YouTube』にて掲載がありました。

今回からメモリはDDR5に変わります。クーラーは互換性があるため流用可能。

PCIe Gen5にアップグレードされ、こちらは従来の製品も使えます。

Ryzen 9 7950X $699 → 96,904円
Ryzen 9 7900X $549 → 76,109円
Ryzen 7 7700X $399 → 55,314円
Ryzen 5 7600X $299 → 41,451円
※今日の為替 $1 136.73円で計算

新製品について

9月27日にRyzen 7000シリーズを発売します。

Ryzen 9 7950X $699
16C32T / ベース4.5GHz / ブースト5.7GHz / TDP170W (PPT 230W) / キャッシュ80MB (L3 64MB / L2 16MB)

Ryzen 9 7900X $549
12C24T / ベース4.7GHz / ブースト5.6GHz / TDP170W / キャッシュ76MB (L3 64MB / L2 12MB)

Ryzen 7 7700X $399
8C16T / ベース4.5GHz / ブースト5.4GHz / TDP105W (PPT 142W) / キャッシュ40MB (L3 32MB / L2 8MB)

Ryzen 5 7600X $299
6C12T / ベース4.7GHz / ブースト5.3GHz / TDP105W (PPT 142W) / キャッシュ38MB (L3 32MB / L2 6MB)

性能について

Ryzen 9 7950XとRyzen 9 5950Xを比較した場合、ゲームが6~35%、コンテンツクリエーションが32~48%性能が向上

既存の発表について

Meet the New AMD Socket AM5 Platform | AMD Partner Hub

  • 5nm デスクトップ プロセッサ
  • シングルスレッドのパフォーマンスが 15% 以上向上
  • 最大ブースト速度5GHz以上
  • ニューラル ネットワークや機械学習などの AI アクセラレーション タスク用の拡張命令セット

最大170W のネイティブ サポート
※Intel 第12世代が241W。7000シリーズは230Wで勝負

PCIe 5.0のサポート
SSDは、理論値で60%も早くなります。

Type-C 最大20Gbps のサポート
最大で14口も SuperSpeed USBをサポートします。

6EによるWi-Fi 接続
チップセットで対応するとのことで興味深い所です。

従来のAM4クーラーと互換性あり
CPUクーラーは既存の物が使えます。

チップセットについて

X670 Extreme

PCIe 5.0接続で2 つのグラフィックス スロットと 1 つのSSDスロットをサポートします。マニア向け

X670

PCIe 5.0接続でグラフィックスカードと1 つのストレージ スロットをサポート

B650 Extreme

どんな人が利用するんだ~

B650

PCIe 5.0接続でグラフィックススロットのサポート
こっちでも十分。

-Windows