【Windows 10】ChromeのURLショートカットをタスクバーに登録する

とても便利なChromeのURLショートカットをタスクバーに登録するテクニックを紹介します。

タスクバーから直接開くことができるので超便利です。今回は、Chromeを使用して実現します。基本操作を熟知した方にオススメのネタです。

普通なら出来ないChromeのURLショートカットを実現

URLショートをタスクバーに登録しようとしてもできません。

こんな場合も、大丈夫!ちょっとした操作で解決できます。

解決方法

たったこれだけです。早速、試しましょう。

  • STEP1.リンクバーを表示する
  • STEP2.リンクバーの設定を変更する

事前知識

タスクバーは、上下左右に移動できます。ご存じでない方は、先に以下をご覧ください。

詳しくは、『【Windows 10基本操作】タスクバーを上下左右に移動する』参照ください。

STEP1.リンクバーを表示する

タスクバーを右クリック⇒「ツールバー」をクリック⇒「リンク」をクリック

 

次の操作のために、リンクバーを上へ移動します。※できない方は、次の説明を

 

※移動が出来ない方は、タスクバーを右クリックし、「タスクバーを固定する」のチェックを外してください。移動できるようになります。

 

現在の状態

 

理解しやすくするために、URLショートカットアイコンを登録しましょう。Chromeを起動し、登録したいURLをドラッグします。
※Chromeアイコンのままの方は、次のところを参照ください。

リンクなら、URLショートカットがドラックできます。

認知している不具合

登録しても、アイコンがChromeやIEのままの場合があります。

Internet explorer起動し、アイコンをドラッグすると、ドラック中に治ります!不思議!

※エッジでは駄目です。必ずInternet explorerで実施します

 

STEP2.リンクバーの設定を変更する

リンクバーを右クリックし、「ボタン名の表示」と「タイトルの表示」のチェックをはずします。

表示を選択し、「大きいアイコン」を選択します。

以上で、見た目がよくなります。

以上でです。

 

あとは、お好みで

バーの入れ替え

タスクバーを右側に移動すると、左右入れ替えることができます。
必ず左側にある、ところから操作してください。

 

左右入れ替えることができます。

 

縦で表示する

これも凄く好きです。クールです。

 

縦棒をはずす

縦棒があるとカッコ悪いです。

 

縦棒は、簡単に表示を消すことができます。

 

右クリック⇒「タスクバーを固定する」のチェックをはずす

 

見た目がよくなります。

 

2013年12月5日に記載したWindows 8.1用の記事ですが、さすがに古くなったのでWindows 10用に書き直しました。

まとめ:オタクが愛する裏技

ちょっと面倒ですが、一度登録するだけで、次回から楽に起動できます。

デスクトップにアイコンを登録しても便利です。以下の記事も古くなったので近々リニューアルします。

【Windows 8.1基本操作】ショートカットアイコンを使いこなす」の「ホームページも、ショートカットアイコンを作ろう!」も参照ください。

関連URL

デバック用: FB:1 TW:2 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加