その他

ゲーミングメモリ Ryzen向けの新メモリ CRUCIAL BALLISTIX LEDなし

Ryzen第3世代は、3600MHz CL16がスイートスポットと言わています。

確かにRyzen第3世代 APUでゲームをすると、周波数に比例してパフォーマンスが変わります。

3600MHzと3200MHzでは1割以上の差がある

3600MHzと3200MHzでは1割以上の差があると言うことです。3600MHzのメモリであっても、初期値のまま使うと2666MHzになるので要注意!

3600MHz CL16-18-18-38の画像。X570だと7289だったのがB550だと6951でした。
※CPUクーラーの違いかチップセットの違いかは謎です

2666MHz CL19-19-19-43の場合

周波数が高いだけスコアが伸びます。

テスト環境

CPU:Ryzen 7 Pro 4750G
メモリ:CRUCIAL BALLISTIX 3600MHz CL16
マザボ:GIGABYTE B550I AORUS PRO AX
CPUクーラー:Noctua NH-L9a-AM4 chromax.black

詳しくは、『Mini-ITXで最小・最高性能PC!!AMD Ryzen 7 PRO 4750G』を参照ください。

XMPは有効に

CRUCIAL BALLISTIXも初期値は2666MHz。メモリのオーバークロックで3600MHzでした。

CL16とCL18では1%の差がある

対してCL(Cas Latencyの略)のCL16とCL18は、1%ほどの違いしかありません。とは言えゲーム等のシビアな状況ではわずかな差も大きいと言えるでしょう。私の検証では、1.19%の違いでした。

CL16の画像

CL18の画像

特に3600MHz CL16 LEDなしのメモリは少ないためありがたいです。

上:3600MHz 16-18-18-38
下:3600MHz 18-22-22-42

 

CRUCIAL BALLISTIXとCORSAIR VENGEANCE

新メモリCRUCIAL BALLISTIXと定番メモリのCORSAIR VENGEANCEを比較してみました。

たった1%しか性能の差がないのに価格差は、1.5倍もあります。

価格:12,273円(税込)
価格:8,243円(税込)

クルーシャル (マイクロン製) デスクトップ用ゲーミングメモリ

Crucial Ballistix

大きさの違いについて

種類が違うと厚さ・高さが結構違います。

高さについて

高さは、Crucial Ballistixの方が5mmほど高いです。私のケースでは、高さがあった方が見た目が良いです。

38.36mm

 

33.57mm

厚さについて

0.4mmも違います。隙間があった方が良く冷えるイメージがありますが、CRUCIALは、鉄板内に隙間があります。目視する限り放熱性能は、互角に見えました。

7.23mm。鉄板でここまで薄いのは初めてです。

 

7.61mm

 

上からの見た目について

 

斜め前からの見た目について

Ballistixは、良い感じです。パーフェクトです。Ballistixは、両面にロゴが印刷されています。写真はメモリの裏側ですが、このロゴの下に型番が印刷してあります。

 

対してCORSAIRは、逆に装着すると、全くロゴが見えません。Ballistixのように両面に印刷すれば良いだけなんですが、デザインが古いようです。

まとめ:コスパは圧倒的にCORSAIR VENGEANCE

1%のパフォーマンスが高く、見た目が若干良いCRUCIAL BALLISTIXですが、4,000円の差があるかと言うと微妙な所です。

これこそ価値観の問題なので、若干の違いでも4千円高くて良い人は、CRUCIAL BALLISTIXになるし、コスパ重視ならCORSAIR VENGEANCEになるでしょう。

関連URL

値下げ!Ryzen 第3世代に最適なメモリは3600MHz CL16

-その他
-,

© 2020 PCまなぶ