ロジクール キーボードK370s / K375sレビュー

K370sとK375sは、WindowsとMacの双方が使えて3台まで接続出来る優れものです。

3千円未満と大変お安いです。コスパ最強です。しかもタブレット / スマホスタンドまで付属しています。

K370sとK375sの違いは、色のみです。

最高スペックのMX Keysと比べると2倍程度高さの違いがありますが、高さと使い易さとは関係ありません。

 

最高スペックのMX Keysは、パソコンの切り替えるキーが独立しています。

 

K370s / K375sはファンクションキーと共通ですが、十分に使いやすいです。

点灯だと接続先がある状態。点滅だと接続先を探している状態です。

 

特筆すべきは、スタンドが付いているところです。

 

昔ながらの十分に使いやすいキーです。

 

電池は、単4電池 2本。十分にもちがいいです。

左側に電源スイッチがあります。

 

まとめ:コスパ最強のキーボード

ロジクールの低価格製品は、どれもコスト面で最強です。

安価なため質感は劣りますが、使い勝手は良好です。

興味のある方はご利用ください。

関連URL

【ズバリ!】Mac mini 2018に最適なキーボード・マウス

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加