いよいよMacBook Pro 2019が発売!

いよいよ2019年版のMacBook Proが発売されました。

CPUが第8世代から第9世代になったことで、Windows機にハード面で並びました。

サイレントアップデートですが、15インチについてはCPUが6コアから8コアに上がり性能が30%向上しています。

また、熱対策・キーボードの改良も十分なようです。

 

私も真剣にノートパソコンを買い替えようとしていましたが、Mac mini 2018をノートパソコン代わりに使うことで十分でした。

Mac mini 2018で本格モバイル環境を実現!

 

また、デスクトップで使うにも十分です。

 

MacBook Pro 2019の15インチの仕様

15インチのパソコンは素晴らしいけど、恐ろしく高い!32GB・1TBにすると334,584円越え。Macは故障が怖いのでAppleCare+ for Mac ¥35,800 (税別)をつけると38万円くらいになります。

¥302,800 (税別)

  • 2.3GHz 8コアIntel Core i7
  • メモリ 16GB
  • SSD 512GB
  • Radeon Pro 560X
    (4GB GDDR5メモリとグラフィックス自動切替機能を搭載)
  • 電源 87W

15インチの対抗となるWindows PC  New XPS 15 2019

発表はしていますが、発売日は未定です。

XPS 2018『XPS 15 プラチナ・4Kディスプレイ・タッチパネル

学割で22% OFFで購入できます。202,422円。ディスプレイもMacより優秀です。

  • CPUは、第9世代
    Core i7  8コアかi9 8コア 16スレッド
  • メモリ 16GB
  • SSD 512GB
  • GeForce GTX 1050 Ti(4GB GDDR5)
  • 電源 付属アダプタ130W(USB PD 100W)

Dellの最大の魅力はマニュアルの完備

SSD化にしてもメモリの増設にしてもマニュアルが完備されています。心強いです。

Dell G7 15 サービスマニュアル』を参照ください。

MacBook Pro 2019の13インチの仕様

15インチに比べて、価格・大きさ・スペックも控えめになります。ただ、メモリ16GB。SSD512GBへは最低でもアップグレードしたいところです。そうなると、242,800円 (税別)です。

¥198,800 (税別)

  • 2.4GHz 4コアIntel Core i7
  • メモリ 8GB
  • SSD 256GB
  • 電源 61W

13インチの対抗となるXPS 13 2-in-1 2019

第10世代のCPUを搭載していて、フルモデルチェンジです。13インチのMacと同じでU系のCPUです。

DELLの欠点であるキーボードも大幅に改善しています。ディスプレイもMacに負けず優秀です。

※対して15インチのNew XPS 2019は改善がなく失望しています

発表はありましたが、具体的な発売日は未定です。恐らく2018と価格は変わらないと思うので

15%オフシルバークーポンコード
適用で134,283円(税別)です。

※8GB SSD 256GBの場合

まとめ:コスパの悪いMacBook Pro

50万円程度でCPU・メモリ・SSD・グラフィックボードも含めて最強のノートパソコンが手に入りますが、高すぎます。

 

Mac miniなどでSSD化する場合、コスパは最強になるし、壊れる心配も少なくなります。

好みで使い分けると良いでしょう。

 

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加