Windows

レビュー ASRock DeskMini Wi-Fi 6 キット と 格安キット

2020年11月13日

11月13日にASRock M.2 Wi-Fi 6 Kitが3,600円で発売しました。

ASRock DeskMini用 Wi-Fi 6 キット

従来の製品は、ASRock M.2 Wi-Fi Kitとのことで、チップセットがintel 3168(Wi-Fi 5)かAX200が不明でしたが、ASRock M.2 Wi-Fi 6 Kitを買えば間違いなくAX200です。

 

本題とは関係ないですが、DeskMini アドレサブル LEDが1,980円で同日に発売します。ケース内部をLEDで飾りたい時は、購入すると良いです。

DeskMini Addressable LED』アークさん

DeskMini Addressable LED』パソコン工房さん

 

以下のような感じです。

ASRock Addressable LED

 

「ASRock DeskMini USB Hub」を使うことで、USB2.0の増設とアドレサブル LEDの両方を使うことができます。

未発売です。

これで代用できるかな

以下のように配線します。

動画版を作りました。

動作作成時点で、 Wi-Fi 6に対応したキットがありませんでしたが、ついに発売しました。

純正が発売されたので購入しても大丈夫です。ただ、価格は2倍します。

純正を買うか互換品を買うか検討をしましょう。

ASRock DeskMiniシリーズは、Wi-Fi・Bluetoothが標準で使えません。

使うには、「ASRock DeskMini用 Wi-Fi 6 キット」を買うことになります。

 

ただ、純正はお高いので、インテル® Wi-Fi 6 (Gig+) デスクトップ・キット「AX200.NGWG.DTK」も検討しましょう。

ただ、在庫がなかったので、もっとお安い製品を購入しました。いまはこの製品も在庫なし。悩ましい。

もっと安くて良さそうの発見(泣)

インテル AX200NGW NGFF Wi-Fi 6 無線LANカード アダプター 802.11ax/ac BT5.0 2.4G / 5G IPEX MHF4 to RP-SMA アンテナ 延長ケーブル セット
SplenSun

六角スパナの8mmで閉めます。100円ショップで買うと良いです。

可愛いのもあります。

純正キット VS 格安キット

価格が2倍ほど違うので調査しました。

一番の違いは、アンテナの大きです。

格安アンテナは、約16cm
純正アンテナは、約10.7cm

 

線の長さは、2cmしか変わりませんでした。

格安は、約32cm

互換は、約30cm

速度の違いについて

価格が2倍違っても性能は、ほぼ同じです。

純正キット 300Mbps

格安キット 310Mbps

 

Wi-Fi 6 化により310Mbps達成

尚、インターネット回線は、楽天ひかりです。

ルーターは、『バッファローWi-Fi6 ルーター WSR-5400AX6』です。

有線だと500Mbpsでます。到底優先におよびませんが、310Mbpsでれば十分です。

格安アンテナの場合

 

純正のアンテナの場合

 

設置方法

穴をあけます。点線の場所が穴をあける場所です。

 

私は、ドライバで押しました。動画版が最高にわかりやすいので良かったらみてください。

 

このあとの説明は、動画作成に一生懸命で撮影わすれました。

動画を見てね!

 

六角スパナの8mmで閉めます。100円ショップで買うと良いです。

 

金色がアクセントになって後ろ姿も良いです。

まとめ:ASRock DeskMini X300

アイドリングが10Wで超小型。好感がもてます。

ただ、Wi-FiをつけたりUSB2.0をつけるとそれなりに高価になります。

関連URL

ASRock DeskMini X300で作る最小パソコン

 

レビュー Wi-Fi6 ルーター WSR-5400AX6

-Windows
-

© 2021 PCまなぶ