その他

ゲーミングメモリ CRUCIAL BALLISTIX LEDモデル

ゲーミングメモリ CRUCIAL BALLISTIX LEDモデルを見たときは、思ったのと違ってイマイチだと感じましたが、3日間ほど使ったら目が慣れたのか良くなってきました。

また、起動時のLEDが派手すぎる問題も無事に解決できました。

CRUCIAL BALLISTIXのLEDなし』モデルは、個人的に気に入っていてLEDなしで攻めるのであれば一番だと思っています。

LEDなしの元定番のCORSAIRよりデザインが新しくて良さげでCL値も低くて良い

上:3600MHz 16-18-18-38
下:3600MHz 18-22-22-42

 

最上位グレードの『Crucial Ballistix Max』は最高に良い製品ですが、DDR4 4000MHz Infinity Fabricを1:1にすることができず苦戦中です。マザーとCPUを最適にすれば出来るハズ。

ゆっくり頑張ります。

 

と言うことでCRUCIAL BALLISTIX LEDモデルを期待して準備したんですが、なんか違う(笑)。良さそうと思って使ってみたのですが、何かが違う。

そう思っていたのですが、3日間ぐらいで慣れました。(笑)

 

CRUCIAL BALLISTIX LEDは1年ほど後発だと思いますが、『G.Skill Trident Z Neo』の方が質感もよく、カッコ良く感じましたが、目が慣れればCRUCIAL BALLISTIX LEDモデルも良いかも。

 

ソフトウェアでLED制御できます。

 

色が豊富

他社との違いとして、黒・赤・白と豊富なところです。

10月23日 10月30日 11月6日 11月13日
Amazon 在庫なし 在庫なし 在庫なし 在庫なし
楽天 21,284円 21,284円 21,284円 21,284円
Yahoo 12,375円 12,375円 12,375円 12,375円

 

LEDの設定について

DDR4 Ballistix M.O.D.ユーティリティ - Crucial』からダウンロードしてインストールします。

メモリの詳細について知ることができます。貴重な情報を知ることが出来て良かったです。

 

温度もこのように把握できます。

 

本題であるLEDの色を設定できます。

DDR4 M.O.D.ユーティリティ』で設定する場合とマザーボードで制御をする場合の2種類があります。こっちで指定すると、OSが起動するまでハデハデなのでマザーボード側で設定した方が良さげ。

 

設定ボタンを押すと以下の項目が設定できます。

 

マザーボード側で設定したら、起動時のハデハデも解決しました。

X570 I AORUS PRO WIFIの場合は、『RGB Fusion』で設定します。「DDR4 Ballistix M.O.D.ユーティリティ - Crucial」を起動したあとだと設定ができないので、再起動して本ソフトを起動しましょう。

 

操作は、簡単です。こちらで設定すると起動時も大人しいです。

 

まとめ:LEDなし版とともに検討しよう

CPUクーラーがNoctua(ノクチュア)のように光らない場合は、LEDなし版が有効です。

逆に、CPUクーラーが光る場合は、LEDありが良いと思っています。

興味がありましたらお試しください。

関連URL

ゲーミングメモリ Ryzen向けの新メモリ CRUCIAL BALLISTIX LEDなし

LEDなしの元定番のCORSAIRとの比較です。

 

レビュー Crucial Ballistix Max DDR4 4000MHz

DDR4 4000MHz Infinity Fabric 1:1は、環境を選ぶので要注意。

-その他

© 2020 PCまなぶ