冬場作業必需品:防寒用手袋 ダイローブ102F

2016年3月4日に執筆した記事を少しだけ変更しました。

ダイローブ102Fは、冬場に外で業務をする方に防寒用手袋がオススメです。この手袋のおかげで林業現場も快適でした。

20161105r169

業界標準のダイローブ102F

みんながどんな種類をしているか調査した結果、ダイローブ102Fが圧倒的に多かったです。

2個購入して、午前と午後で使い分けると、汗で蒸れる心配もなく安心です。

20160218r757

インナーが簡単に取り出せて干すことが簡単

この手袋のいいところは、インナーを簡単に取り出せること。びっしょりな状態でも、一晩で完全に乾きました。

20161105r224

ダイローブ102Fの特徴

ダイローブのホームページをみるといろんな種類があって混乱しますが、102Fを買っていれば間違いなさそうです。

  • ゴムの強度は、寒さ-60℃まで
  • 体的には、寒さ-20℃まで
  • インナーが取り出せて、干すことができる
  • ファスナー付
  • 農林魚作業・建築作業・アウトドアレジャーにも使える
  • サイズは、4種類(M、L、LL、LLL)

主なものだけ紹介します。

ゴムの強度や体感限度が-20℃は、これ以上説明することはないので主なものだけ紹介します。

インナーが取り出せて、干すことができる

ゴム手袋は、外からの水に強いですが、中からの汗で濡れます。使うと汗だくになってしまいます。

一体型だと乾かなく翌日の作業で間に合わない可能性があります。このタイプだと翌日には乾きます。

20160218r758

ファスナー付

ないよりもいいかなっと思っていたら大間違い!実は、ここに名前を書かなければなりません。現場は、みんなダイローブ102Fなので!

20160218r759

農林魚作業・建築作業・アウトドアレジャーにも使える

林業にも使えます。来年度はバリバリ林業にも使います。

20160218r760

パッケージについて

お店にもありますので検討ください。

20160218r761

アマゾン楽天で販売しています。

まとめ:冬の過酷な現場で必要不可欠

前年度は、シーズン最後に知りました。今年度は、シーズン開始時から大活躍です。

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加