育ちすぎた木に!薪割り用くさびを活用しよう

私事ですが、昨日3本の木を伐ってきました。

20160208r112

2本目は、10メートルほどの小さな木ですので割愛して3本目は、この木です。

広葉樹であるクヌギの木です。25mぐらいかな。

20160208r113

遠近法によって小さく見える先ほどの木もこんな感じです。

カラマツなどの針葉樹とは違って、クヌギは堅く、木の枝の方向が偏っていることが多いため、カラマツの伐倒とは違ったコツが必要でした。

20160208r111

樹齢50年以上の木を伐っていますが、ここまで太くなると処理が大変です。20年~30年ぐらいで伐って搬出するほうが効率的です。

直径は、50cmぐらいでした。

20160208r113

ここまで大きくなると、45cm間隔で丸太にしても50kg程度あるため、持ち上げるのは困難です。

そこで登場するのが、薪割り用くさび6点セットです。

順番に説明しましょう。

20160208r114

薪割り用ハンマー AX 33 CS

重さ3,300 g、ヒッコリーの柄 90 cm。こいつで薪割り用くさびを打ち込みます。

20160208r115

18日に初デビューしました。すごく使いやすくてお勧めです。

20160208r116

アルミ製クサビについて

薪割り用くさびは、上アルミ製クサビです。伐倒用のくさびは、下プラスチック製です。

20160208r117

基本的に2本組で使います。小さいクサビは滅多に使いません。

一番大きいやつを4つ買うといい感じです。

20160208r119

2本組で打ち込んでも割れずにくさびが取れ出せなくなる場合もがあいます。

そんな場合は、アルミ製ねじれ型クサビ(下)の出番です。真ん中に一本入れて切り開く感じです。倍の太さがあります。

20160208r118

ハンマーで、コツコツたたきます。楽しい!

20160218r742

コツさえつかめば、どんどん薪を作ることができます。

20160218r741

詳しくは、動画で(^^)/
※ほかの人が作った動画です

まとめ:薪割り用くさびは必須!薪作成にあると便利

斧だけだと厳しい場面があります。そんなときは、薪割用くさびがあれば、比較的簡単に解決できます。

くさび

by カエレバ

 

ハンマー

by カエレバ

 

デバック用: FB:0 TW:0 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 0  このエントリーをはてなブックマークに追加